【ペルソナマーケティング】の重要性と効果的な活用方法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ペルソナマーケティング】の重要性と効果的な活用方法

ペルソナマーケティングの効果と背景

ペルソナマーケティングは、マーケティング手法の1つであり、ターゲット設定を重視したアプローチです。

この方法では、ターゲット像を具体的に想定し、それを元にマーケティング戦略を展開します。

このターゲット像を具体的に設定することで、そのターゲットに近い他の類似ターゲットが存在するという考え方が背景にあります。

具体的なターゲット像(人間像)=ペルソナを設定することで、マーケティングを行う側はそのターゲットの心理や心情をより深く理解しやすくなります。

そして、そのターゲットの悩みや望みにフォーカスしたマーケティング戦略を展開することが可能となります。

ペルソナマーケティングの効果は、具体的なターゲット像を設定することで、マーケティング担当者がそのターゲットをよりリアルに捉えることができる点にあります。

このように、ペルソナマーケティングは単に理論上の適正性にあるのではなく、マーケティングを実践する側が具体的なターゲット像を描くことで優位性が生まれる手法と言えるでしょう。

 

コピーライティングにおけるペルソナ設定の重要性について

コピーライティングにおいても、ペルソナをしっかりとイメージしていくことは非常に重要です。

なぜなら、未経験のマーケッターやコピーライターほど、ターゲット像が曖昧なままだと、マーケティング戦略やコピーがぶれてしまう可能性が高くなるからです。

そのため、ペルソナを明確にすることは、マーケティングやコピーライティングの展開において大きなアドバンテージをもたらすことができます。

実際、多くの書籍や教材が、初心者向けにペルソナマーケティングを推奨しており、「初心者にはペルソナマーケティングが適している」と述べています。

ただし、情報商材業界には、表面的なマーケティング理論しか学んでいない人が多く存在し、正しいペルソナ理論とは異なる誤った理論を広めている場合もあります。

例えば、「完全に具体的な要素を詳細に設定するべきだ」とか、「身近な人をペルソナにしてしまえば良い」といった誤ったアプローチが見られることもあります。

実際、正しいペルソナ設定とは、統計に基づいた適切な情報を元に、ターゲットとなる顧客像を具体的にイメージすることが重要です。

つまり、趣味や特技などの細かな要素にこだわるのではなく、統計的なデータに基づいて客観的にアプローチすることが大切です。

 

ペルソナの作成において冗長な情報は排除するべき

ペルソナを作成する際には、統計に基づく適切な人物像をイメージすることが重要です。

つまり、商品やコピーのターゲットとなる人物像として、統計的に最も適しているとされる情報を取り入れて具体化していくことが大切なのです。

例えば、「ダイエット」関連の商品やコピーを考える際に、学歴や血液型、出身地などは関連性の薄い情報です。

これらの無駄な情報を含めず、具体的かつ適切なポイントを絞り込んでペルソナを作成することが重要です。

ターゲットを絞り込み、具体的にする際にはマーケティングやメッセージに意味のある情報だけを取り入れるべきです。

ペルソナを意味ある情報で具体的にすることで、企業の戦略やコンテンツ制作に活かすことができます。

一方で、無用な情報を含めたペルソナは逆効果であり、具体化すればするほどデメリットが大きくなります。

ペルソナを作成する際には、必要な情報のみを取り入れ、冗長な情報は排除することが重要です。

親や兄弟、友人など身近な人をそのままペルソナとして使うことは避けるべきです。

彼らがターゲットとして適している場合を除き、大抵の場合は不適切です。

冗長な情報を含めてしまうことで、ペルソナが過剰に具体化されてしまい、本質を見失うことにつながりかねません。

 

ペルソナマーケティングについて詳しく解説します

マーケティングの世界では、よく「ペルソナマーケティング」という考え方が取り入れられますが、この理論を半ば理解したつもりでいる人たちが誤った方法で活用していることがあります。

間違ったペルソナ理論を受け入れてしまう傾向のある人も多いのではないでしょうか。

正しいペルソナマーケティングを実践するためには、まずは「ペルソナ」を統計データに基づいて適切な範囲のターゲット像に具体化する必要があります。

しかし、これは簡単なことではありません。

適切なターゲット像を設定できると、それに沿ったマーケティング活動もより効果的になるでしょう。

一方で、ペルソナのイメージを正しく固めることは容易ではなく、特に市場やターゲット層を十分に理解していない初心者や経験の浅い人がこの理論を活用すると誤解が生じる可能性があります。

実際、ペルソナマーケティングは初心者向けではなく、むしろ市場データをしっかりと分析できる上級者向けの手法であり、その効果を発揮できるものです。

特に、「コピーライティング」という観点から見ると、必ずしもペルソナ理論を使ってターゲット像を明確に捉える必要はありません。

コピーライティングでは、表面的なペルソナ像よりもむしろその内面に焦点を当てて文章を構築することが重要です。

ペルソナ理論はあくまで参考程度であり、コピー作成においては必ずしも必須ではありません。

 

コピーライティングのターゲット設定の重要性について

コピーライティングにおいて、20代であるか、男性であるか、会社員であるかは重要ではありません。

重要なのは、「どんな悩みを抱えているか」「どんな願望を持っているか」というターゲットの心理状態です。

コピーライティングは、その内面的な心理に訴えかける言葉を選ぶスキルです。

たとえば、僕がターゲットにするのはコピーライティングに興味や関心を持ち、スキルを伸ばしたい人、そしてネットビジネスやアフィリエイトで成功を望む人です。

このように、心理的な願望を持つ人にアプローチすることが重要であり、その心理像を絞りこまなくてもいいのです。

したがって、ブログやメルマガを通じた情報発信を行う際も、あまりペルソナ理論に基づく具体的な人物像設定は必要ありません。

重要なのは、ターゲットがどんな悩みや願望を持っているかを把握し、その内面的イメージを捉えることです。

過度に人物像を固定化してしまうと、本来アピールできる人を除外してしまう危険性があります。

間違ったペルソナ理論を用いてしまうと、ターゲットの方向性を大きく誤る可能性があるため注意が必要です。

もし、今回の情報で自身のターゲット設定に疑問を感じたら、ぜひ一度見直してみることをおすすめします。

より効果的なコミュニケーションのために、ターゲット設定は慎重に行いましょう。

それでは、次回もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP