【特定電子メール法】のポイント:メールマガジンの発行の注意点

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【特定電子メール法】のポイント:メールマガジンの発行の注意点

特定電子メール法とメールマガジンの発行について

特定電子メール法とは、日本において電子メールの送信に関するルールや規制を定めた法律です。

この法律により、メールマガジンを発行する際には、発行者の情報として氏名、住所(所在地)、連絡先(アドレスでも可)の記載が義務付けられています。

メールマガジンの本文にこれらの情報を記載することが法律で定められている一方で、実際には多くのメルマガ発行者がこの法律を守っていない傾向があります。

つまり、法律があるにも関わらず、適切に情報を記載している発行者は少ないのが現状です。

ただし、現時点ではこの法律に違反している発行者が摘発された例はまだ存在していません。

特定電子メール法があるにもかかわらず、実際の運用状況や摘発の実態など、法律だけではなく現実的な視点からも考える重要性があります。

メールマガジンを発行する際には、適切な情報の記載を心掛けつつ、法律遵守の重要性を再確認しておくことが望ましいでしょう。

 

電子メールの法規制と特定電子メール法について

国内のメールマガジンの配信は「まぐまぐ」などのサービスを利用することが一般的ですが、実際に送信されているメールマガジンを見てみると、特定電子メール法に違反しているケースが多いことが分かります。

まぐまぐ:http://www.mag2.com/j/bsc/

例えば、発行者の氏名は記載されていても、住所などが書かれていないメルマガが多いのです。

これは法的に問題がある行為であり、応じなければなりません。

特定電子メール法とは、主にスパムメール業者を取り締まるために制定された法律です。

スパム業者は無差別に広告メールを大量に送信してくることで知られており、これを防ぐための法律として位置付けられています。

しかし、現実にはまだこのようなスパムメールが横行しており、法律の効果が限定されているといえます。

このような経緯から、特定電子メール法の遵守状況があまり芳しくない状況が生まれています。

しかし、法律は無視してはならず、個々の事業者や配信者は法規制を遵守することが重要です。

特定電子メール法は、信頼性の高いメールマーケティング環境を構築するために欠かせないものであり、その趣旨を理解した上で適切に運用することが求められています。

 

特定電子メール法が取り締まっていても、スパムメール業者はなぜ懲罰を恐れないのか

スパムメールには発信者の個人情報が欠如しているため、法の取り締まりが困難です。

スパムメール業者は未だに積極的にスパムメールを送り続け、その行為を制御できていません。

もしスパムメールが届いた場合でも、受信者が対処することは稀であり、さらに警察機関が法を執行することも消極的です。

一通のスパムメールでは警察が関与しない現実があります。

複数の受信者が集団訴訟を起こさない限り、警察は動かないでしょう。

実際、数通のスパムメールが届いた程度では「実害がないだろう」と暗黙の了解がされています。

このため、特定電子メール法が作成された目的が疑問視されることもありますが、法律にはそういった現実も存在するのです。

特定電子メール法は主にスパム業者を取り締まるために設けられた法律ですが、現在でもスパムメール業者は十分に取り締まられていません。

むしろ、全く取り締まられていない可能性もあります。

ブログなどで自発的に購読したメールマガジンを送信する場合は、通常、特定電子メール法に触れることはないでしょう。

 

スパム業者と特定電子メール法

現在、スパムまがいの業者ですら特定電子メール法を守っていないという事実があります。

そのため、自主的にメルマガに登録してくれた人が、メールマガジンを受け取った際に氏名や住所が記載されていなくても、警察に駆け込む必要性はありません。

実際には、スパムメールを受け取っている人でさえそのような行動に出ることは稀であり、さらにそのような行動をとったとしてもスパム業者が摘発された例はほとんどありません。

特定電子メール法の現実は、自己判断が重要です。

個人の氏名や住所を明かさずに法律を遵守する方法として、レンタルオフィスなどに法人(会社)を登記し、その法人名と登記した所在地を記載する方法があります。

こうすることで、個人名や住所をメールに記載しなくても問題ありません。

つまり、法律を厳守したいが個人情報を公開したくないという方は、法人登記を行うことで特定電子メール法をクリアすることができます。

一定の費用はかかりますが、参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP