【プレゼンテーションコピー(見出し)】と【メッセージコピー(説明文)】の違いとポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【プレゼンテーションコピー(見出し)】と【メッセージコピー(説明文)】の違いとポイント

コピーの種類:プレゼンテーションコピーとメッセージコピーの違い

今回は、コピーライティングにおいて重要な要素である「コピー(広告)」について、一つ一つ詳しくお話しします。

広告のコピーを書く際、その内容は様々な視点で分類できます。

例えば、「イメージコピー」と「セールスコピー」という二つのカテゴリーに広告のコピーを分ける考え方があります。

「イメージコピー」は、企業のイメージ戦略を強化するための広告のキャッチコピーなどを指します。

一方、「セールスコピー」は、商品やサービスの販売促進を目的としたセールスレターやウェブサイトの文章などを指します。

このブログでは、特に「セールスコピー」に焦点を当てています。

このように、コピーの種類は様々ですが、「イメージコピー」などは、一般的なコピーライターにはあまり機会が与えられない分野であり、その作成は難しい場合があります。

そのため、今回のコピーライティング講座では、「プレゼンテーションコピー(見出し)」と「メッセージコピー(説明文)」という、少し異なる視点でコピーを解説し、それぞれの違いについて紹介していきます。

「プレゼンテーションコピー」とは、商品やサービスの魅力や特徴を伝える広告やプレゼンテーションで使用されるコピーのことを指し、「メッセージコピー」とは、特定のターゲット層に向けて具体的なメッセージや情報を伝えるコピーのことを指します。

これらのコピーにはそれぞれ異なる役割やアプローチがあり、効果的なコミュニケーションを行う上で重要な要素です。

 

コピーについて

コピーとは、文章やメッセージのことを指し、プレゼンテーションコピーとメッセージコピーという二つの種類があります。

プレゼンテーションコピーは情報やインパクトを伝えることを目的とし、ヘッドコピー(大見出し)やサブヘッドコピー(小見出し)、ブレッド(見出しコピーの羅列)が含まれます。

一方、メッセージコピーは自己の言葉で語りかける文章のことで、説明や呼びかけに近いニュアンスが特徴です。

読み手はそれぞれのコピーを目にする際、意識して異なるニュアンスを捉えることになります。

一度、あなた自身がコピーを読む際にどのようなニュアンスで受け止めるか考えてみてください。

 

プレゼンテーションコピーとメッセージコピーの違いについて詳しく解説します

一般的に、「プレゼンテーションコピー」と「メッセージコピー」という2つのコピーは、それぞれ異なる目的や読まれ方をされることが特徴です。

例えば、ブログ記事やセールスレターの説明文などは、読者に向けて情報を伝えるために書かれるものであり、文章内で説明が行われています。

これに対して、ヘッドコピーやサブヘッドコピーなどの見出しは、情報を簡潔に提示する役割があります。

つまり、プレゼンテーションコピーは情報を伝えるために作成されており、読者に読んで理解してもらうことが重要です。

一方、メッセージコピーは読者との対話のようなニュアンスを持ち、説得力や共感性を持たせることが重要です。

したがって、それぞれのコピーを作成する際には、対象となる読者層や目的に応じて適切な表現を選ぶことが必要です。

プレゼンテーションコピーには簡潔でわかりやすい表現が求められ、メッセージコピーには読者との共感を生む表現が求められます。

このように、コピーライティングにおいては、それぞれのコピーが持つ違いや特性を理解し、読者に伝えたいメッセージに最適な形で表現することが重要です。

 

コピーライティングにおける文章の捉え方とその違い

コピーライティングにおいて、ヘッドコピーやサブヘッドコピーの作成方法、さらにはボディコピー、ブログ、メルマガの文章の書き方には、それぞれ異なる観点やアプローチがあります。

これらの提案には、読み手の捉え方が前提として存在しており、その捉え方に基づいた有効なポイントやテクニックが示されています。

このような背景を理解することは、コピーライティングの本質を見極める上で重要です。

理解したうえで学び、実践することで、コピーの質を向上させることができます。

特に、プレゼンテーションコピーとメッセージコピーの違いを意識し、それぞれの読まれ方やニュアンスの違いを把握することが重要です。

明確な一線を引くことで、コピーの質が大幅に向上することが期待できます。

今後、コピーライティングを学び、実践する際には、このような違いを意識して取り組んでみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP