当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【お金を生み出せるコピー】の心理学的効果とは

コピーライティングでお金を生み出すためのコピー

コピーライティングの学習において、おそらくお望みのことは、「お金を生み出すためのコピーを作成する方法」を学び、それを自らのビジネスで活用して成功することでしょう。

では、おそうじょう、あなたはこの「お金を生み出すコピー」をどのように理解しているのでしょうか。

この定義に関してどの視点から見るかによって、答えは異なるかもしれませんが、幅広い観点から考えるなら、「人々の気持ちを動かすことができるコピー」こそが、結果的にお金を生み出すコピーと言えるでしょう。

これは、興味や関心を引きつけ、信頼を得て、行動を促すようなコピーのことです。

このようなコピーこそが、実際に収益をもたらしてくれるのです。

「お金を生み出すコピー」というのは、ネットビジネスの領域ではセールスレターやブログ、メールマガジンなどが該当します。

コピーライターはこれらのコンテンツにコピーを書き、読者を「購入」に導かなければなりません。

そして、このようなコピーには、あなたが今後習得していくであろうコピーライティングのスキルが必要となってきます。

ただし、「人々の気持ちを動かすことができるコピー」というのは、一言で表現することができるものではありません。

なぜならば、人々の心はその人やその時、状況によって、その「動かし方」が異なるからです。

しかし、このことはそれほど複雑な話ではありません。

なぜなら、この「心を動かす心理の流れ」は、たった3つの段階しかないのです。

コピーによって心を動かす3つの段階は次の通りです。

 

1. 興味や関心を引き出す

2. 共感や信頼を得る

3. 行動を促す

 

簡潔に言えば、これらの心理的段階を把握し、コピーに取り入れることができれば、商品やサービスの売り上げを伸ばすことができるでしょう。

 

ライティングスキルの重要性と心理的アプローチ

ビジネスにおいて、商品やサービスを売り込むためには、お客様の心理をうまく誘導することが肝要です。

特に、セールスレターやメールマガジンを使用して販売を行う場合、顧客の心を動かすためのコピーが欠かせません。

例えば、メールマガジンを通じて顧客に興味を持たせ、信頼関係を築いていくプロセスが挙げられます。

最初は興味を引く記事を提供し、次第に信用を積み重ねていくことで、商品を販売する段階に至ります。

これが、一般的に言われる「リストを教育する」アプローチです。

このようなダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の手法を用いることで、顧客の心理を導く流れが生まれます。

具体的には、まず興味や関心を引き出し、次に共感や信用を得て最終的に行動を促す段階へと展開していくのです。

したがって、効果的なライティングスキルを身につける上では、以下の3つの心理をうまく誘導する能力が重要です。

 

1. 興味や関心を引き出すコピーライティングスキル

2. 共感や信用を得るコピーライティングスキル

3. 人を行動させるためのコピーライティングスキル

 

これらのスキルを習得することで、効果的なコンテンツを作成し、ビジネスにおける成果を最大化することが可能となります。

他のスキルよりも、この3つの心理を理解し、適切にアプローチすることが成功の鍵なのです。

 

コピーを書くためのスキルを磨こう

もしも、文章を書く際に必要なスキルを3つの引き出しに格納しておき、必要な時にその引き出しからスキルを取り出して使うことができれば、十分に人々の心を動かし、行動を促す効果的なコピーを書くことができるでしょう。

コピーライティングを学ぶ際に大切なのは、自らのスキルを高め、そのスキルを活かしてコピーを書いていくことです。

多くの人がコピーライティングを学ぶ際に、漠然としたイメージや手探りのような感覚を持つかもしれませんが、実際にはそうではありません。

たった3つの心理誘導を意図し、それぞれのスキルを発揮したコピーを書いていくことで、適切な反応を引き出すことができます。

そして、経験と学びを通じてスキルを磨いていくことで、より高度な文章を書くことができるでしょう。

一流のライターになることは難しいかもしれませんが、スキルを習得することで、書いた文章の反応率は確実に向上します。

文章を書く際には人の心理とコピーの間には明確な原則があります。

これらの原則を学ぶことがコピーライティングの鍵となります。

文章から得られる反応が変化すれば、ブログやメルマガからの売上も劇的に変わってくる可能性があります。

正しい原則を学び、着実にスキルを磨いていくことが大切です。

今回のポイントは、コピーが人の心を動かすことができる能力を持っているということです。

 

人の心を動かすための3つの段階

心理学に基づくコミュニケーションの観点では、人々の心を動かして行動させていくためには、大まかに3つの段階があると言われています。

最初の段階では、相手の興味や関心を引き出すことが重要です。

次に、相手との共感を生み出し、信頼関係を築くことで、相手の心を自分に開かせることが可能になります。

最終的には、相手が行動を起こすよう促すために適切なアプローチをとることが必要です。

つまり、相手に対して効果的なコミュニケーションを行うためには、興味・関心を引き出す、共感・信頼を得る、そして行動を促すという3つの段階を意識することが重要なのです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP