【反応を引き起こす】感覚的なコピーの書き方とは

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【反応を引き起こす】感覚的なコピーの書き方とは

全ての人が共通して共感を覚えるコピーとは

コピーとは、商品やサービスを宣伝する文章やメッセージのことです。

通常、コピーは特定のターゲットを想定して作成され、その対象者に向けて効果的にアプローチすることが重要視されます。

例えば、特定の年齢層や興味を持つ人々に訴求するためには、その人たちが共通して関心を持つ要素を取り入れる必要があります。

しかし、今日のテーマは少し異なります。

それは、全ての人が持つ共通の心理や欲求に着目したコピーです。

このようなコピーは、人々が感覚的または生理的に反応する可能性が高く、どんな商品やどんな人々にも効果を発揮すると言われています。

人間が持つ欲求としては、一般的に「食欲」「性欲」「睡眠欲」といったものがあります。

これらは生物として生き抜くために不可欠な欲求であり、誰しもがそれらを持っています。

例えば、お腹が空けば食べ物を求め、その欲求が脳からの信号として現れます。

同様に、性的欲求や睡眠欲も同様です。

このような基本的な欲求に訴えかける言葉や表現は、人々が共通して理解し共感する可能性が高いです。

例えば、「ジューシーで肉厚なステーキを一口頬張る」という表現を読むだけで、多くの人がその光景を思い浮かべるでしょう。

このように、生理的欲求に訴えるコピーは、普遍性が高く、広範囲な受け入れを得ることができるのです。

 

欲求を刺激して行動を促すテクニックの効果的な活用方法

あなたの身体が欲求を感じたとき、その欲求はあなたの心理状況に影響を与えることがあります。

例えば、もし「朝6時に始まる肉体労働。炎天下の昼下がりで喉が渇いてきた・・・そんな火照った体に冷たい生ビールが欲しい!」という具体的でリアルな表現を目にすると、お酒好きなあなたはついつい冷蔵庫を開けてビールを取ってしまうかもしれません。

このように、人々にイメージを与え、欲求を刺激して行動を促すことは非常に効果的です。

広告やセールスレターの中に、欲求を刺激する熱い言葉を巧みに組み込むことで、読み手は感覚的な刺激を受け続けることになります。

このような積み重ねが最終的には購買や行動へとつながっていきます。

商品の売り込みには、欲求を満たす要素を強調することが重要であり、同時に読み手に感覚的かつ生理的な影響を与えることができます。

これが、欲求へのアプローチ法の第1段階であり、誰もが反応してしまう方法なのです。

また、人々が共通して持つもう1つの強い欲求があります。

この欲求は、「安全欲求(未来への欲求)」と呼ばれます。

不安を払拭し、未来も安心できる状況を求める欲求です。

たとえ現在快適な生活を送っている人でも、この欲求はなくなることはありません。

心理学者の中でも、この欲求段階説に基づく考え方があり、この安全欲求は人々にとって自然な欲求であると言われています。

 

欲求段階とそれに合わせた心理的アプローチ

生活が快適になるほど、人々は自分の生活や財産を守りたいという欲求が芽生えてきます。

これが安全欲求、あるいは未来欲求と呼ばれます。

この欲求を煽るコピー広告は、高い反応を引き起こすことができます。

生理的欲求が肉体的な欲求であるのに対し、安全欲求は少し論理的な側面も持っています。

そのため、どんな商品であっても、この欲求を刺激するコピーはある程度論理的に構築されるべきです。

将来への安心感や保護を提供する商品に多くの人々がお金を投資するのも、この欲求への需要があるからです。

基本的欲求と社会的欲求、先述した2つの欲求は心理学の世界では異なる扱いを受けています。

先天的に存在する食欲などの欲求を基本的欲求と呼び、社会的な環境で発展する安全欲求を社会的欲求と称します。

さらに、社会的欲求にはさらなる段階があり、それが他人からの尊敬や優越感を得たいという「尊重欲求」です。

この欲求もまた、多くの人が持つ大きな欲求の一つです。

従って、この欲求を刺激する言葉も人々の感情に響き、効果的な要素となります。

心理学の観点からは、安全欲求と尊重欲求は社会的欲求に属し、基本的欲求には食欲や性欲などが含まれます。

私たちは基本的欲求に安全欲求を加え、第1段階の欲求として捉え、尊重欲求を第2段階の欲求と位置付けています。

商品を宣伝する際、どちらを重点的にアピールするかを検討するのも、この心理的アプローチの一部です。

 

欲求を意識させて商品を売るためのアプローチ

現在困難を抱えている人、将来に対する不安を感じている人に向けた商品戦略を取る際、まずはその顧客の第一段階の欲求を刺激する必要があります。

一方、自己価値を高めたいと考える顧客にアピールする商品では、第二段階の欲求を刺激することが重要となります。

しかし、「欲求を刺激する」という言葉の意味について考える必要があります。

これは、その欲求の必要性を意識的に認識させることを指します。

人々が持つさまざまな欲求は、誰しもが心に抱えているものであることは間違いありません。

しかしながら、食事を摂らなければならないという欲求や睡眠を取るという欲求などは、常に意識しているわけではありません。

楽しい時間を過ごしている際に将来の不安に囚われることはまずありませんし、尊敬を勝ち取ることだけを考え続けている人も稀です。

それでも、これらの欲求は無意識のうちに存在しているのです。

ここで大切なのは、その欲求を引き出し、意識化することなのです。

言葉を使って顧客の欲求を喚起し、意識させることが大切です。

例えば、ステーキやビールの話をされると、自然と食欲がそそられるように、言葉によって欲求を呼び覚ますことは難しくありません。

商品を販売する際、欲求を意識させ、その解決策を提示することが重要です。

情報商材のセールスレターやアフィリエイトの文章など、これらすべてに今回お伝えした手法を取り入れることで、より多くの商品を売ることが可能となります。

意識的に顧客の欲求を喚起させる文章を書くことを心がけましょう。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP