【SEO対策】効果的な文章、記事の書き方と出口戦略のポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【SEO対策】効果的な文章、記事の書き方と出口戦略のポイント

効果的なSEO対策と読者の満足度向上について

今回は、SEO対策に効果的な記事の書き方について詳しくお伝えしたいと思います。

このテーマに関する情報はインターネット上にたくさん出回っていますが、よく言われるキーワードの適切な使い方や自然な文章へのキーワードの組み込みといった基本的なポイントはここでは省きます。

そのような基本的な情報は既に他の情報源で手に入るでしょう。

今回は、もう少し深いレベルでのお話をしたいと考えています。

特に、僕が注目したいのは記事の「出口」についてです。

まず、SEO対策を意識した記事の書き方において、文の「長さ」や「文字数」という視点から考えると、以前に僕がブログ講座で紹介した考え方があります。

【SEO対策】ブログ記事の文字数と文章の長さがもたらす反応との関連性

https://soshikika.com/writing/seo-strategy-blog-article-word-count-sentence-length-and-engagement-relationship/

ただし、その考え方の根底にある本質は、検索エンジンの最も重要なポイントである「訪問者の満足度を高めること」です。

最終的に、グーグルなどの検索エンジンが追求しているのは、特定のキーワードに関連する最高品質の情報を提供するサイトを上位に表示することです。

その「最高品質の情報」とは、訪問者が満足する内容であり、訪れたユーザーが「グーグルで検索して良かった!」と感じるような価値を提供することが求められます。

このような満足感を与えることができれば、ユーザーはますますグーグルを利用し続けることになります。

それがグーグルが追求する目標なのです。

 

検索エンジンにおける情報の重要性と精度向上の必要性

検索エンジンを利用して情報を探す際、検索結果が利用者が求める情報と合致していないと、利用者はその検索エンジンを使わなくなってしまいます。

そのため、利用者のニーズに合った情報を素早く表示する検索エンジンが他にあればそちらを選ぶ可能性が高いです。

このため、グーグルのような検索エンジンは、利用者の要望に応えることで業界のトップに躍り出たわけです。

実際、現在の検索エンジンの主要プレイヤーであるグーグルやヤフーも、過去には独自の検索エンジンを運用していました。

しかし、ヤフーはグーグルの優れた検索エンジン技術を認め、グーグルのシステムを導入することで利用者満足度を向上させました。

もしヤフーが独自のシステムを固守し続けていたら、利用者はグーグルに流れていたでしょう。

検索エンジン業界では、利用者が求める情報を正確に表示する精度向上が重要です。

その精度がサービスの成功や失敗に直結することから、グーグルは常に検索精度の向上に注力しています。

そのため、グーグルの対策(SEO対策)は、利用者の求める情報を的確に表示するために行うべき対策となります。

要するに、検索エンジンは利用者の要望に応える存在であり、その目的に合致した情報提供が成功の鍵となります。

 

SEO対策の重要性と内部SEOについて詳しく解説します

要するに、検索エンジンで特定のキーワードを検索してウェブサイトを訪れる訪問者に対して、質の高いコンテンツを提供することが、効果的なSEO対策の最も重要なポイントと言えます。

理想的なSEO対策とは、訪問者が満足する良質な記事を作成することです。

しかし、この理想を達成するには、記事の質がどのように評価されるかという基準についても考慮する必要があります。

訪問者が求める情報を適切に提供しているか、訪問者の満足度はどのように測定されているかなど、これらの判断は人間が行っているわけではありません。

グーグルのアルゴリズムによって記事の品質が評価されており、その判断基準の要素として被リンク数と滞在時間と巡回数が重要視されています。

被リンク数を増やす外部SEO対策と、滞在時間と巡回数を増やす内部SEO対策の両方が重要とされています。

被リンク数を増やす対策は自然にリンクを得られるような記事を作成し、スパムと見なされないよう注意する必要があります。

一方、滞在時間と巡回数を増やすための内部SEO対策は、コンテンツやサイトデザインなどの改善によって行われるため、効果的な対策を講じる余地があります。

つまり、被リンクの対策は逆効果になる可能性があるのに対し、滞在時間と巡回数を向上させる内部SEO対策は改善の余地があるということです。

 

SEO対策における重要なポイント:ページビューの重要性

SEO対策を考える上で、記事の出口や落としどころがどれだけ重要か、今回の講座で詳しく取り上げました。

これは、訪問者の滞在時間や巡回数を増やすことで、実質的にユニークアクセスやページビューを伸ばしていくSEO対策の効果的な方法なのです。

ユニークアクセスとページビューにはそれぞれ異なる意味があります。

ユニークアクセスは訪問者の純粋な人数を指し、一方ページビューは訪問者がブログ内の記事を閲覧した回数を示します。

つまり、ユニークアクセス数が1であっても、その1人が10記事を読んだ場合、ページビューは10となります。

グーグルは、ユニークアクセス数に対するページビュー数を評価基準としていると言われています。

ユニークアクセス数に比べて多くのページビューがあると、訪問者が多くの記事を読んでいることを示し、それは訪問者が満足しているためだと解釈されます。

そのため、グーグルはページビューが多いサイトを高く評価し、ランキングを上げていく仕組みです。

したがって、SEO対策の考え方としては、ページビューを増やすことが重要です。

訪問者が多くの記事を読みたいと思うような魅力的な記事やブログを作成することがポイントです。

つまり、ページビューを伸ばすための記事やブログをどれだけ作成できるかが肝心です。

 

記事の満足度を高めるために重要な要素とは

もちろん、情報の質が重要なのは言うまでもありません。

記事が面白くなければ、読者は途中で投げ出してしまうでしょう。

つまらない記事を読んでいると、他のページに移りたくなる気持ちもわかります。

そして、つまらない記事はページビューも伸びませんから、それだけでなく検索エンジンの評価も下がります。

グーグルはユニークアクセスやページビューを評価の基準にしているのはそのためです。

したがって、SEO対策の成功には、何よりも記事の質を高めることが重要なのです。

訪問者が満足するようなコンテンツを提供し、その満足感を引き出すことが肝心です。

その満足感を引き出すためには、僕自身が追求しているコピーライティングスキルが欠かせません。

コピーライティングがないと、SEO対策も効果的に行えるはずがありません。

しかしながら、満足度の高い記事を書く際には、読者を次の記事に誘導する工夫が重要です。

つまり、記事の最後に関連記事を紹介し、次の興味を引く記事へのリンクを設けるのです。

このようにすることで、読者は満足感のある記事から興味深い次の記事へ移っていくことができるのです。

 

効果的なブログ運営のために大切なポイント

実は、ブログを運営する際には、訪れる人の視点を考慮に入れることが非常に重要なのです。

なぜなら、視聴者のニーズに配慮したブログは、結果的にページビューが増えやすくなるからです。

そのため、記事を投稿する際に注意すべきポイントがあります。

例えば、記事の最後に必ず「メルマガへの登録を促す文言」を入れたり、メルマガへの登録を促すオプトインページを作成したりするブログがありますが、これはSEO対策の観点から見ると逆効果なのです。

なぜなら、訪問者がメールマガジンに登録した時点で満足感を得てしまうため、その後のページビューが減少してしまうからです。

したがって、ブログを運営する際には、単純にリストを集めるだけでなく、訪問者にさまざまな選択肢を提供することが重要です。

全ての記事でメールマガジンへの登録を促すだけではなく、訪問者により多くの閲覧機会を提供することが、実はSEO対策上でも有益なのです。

SEO対策ができていないと、つまり「マイナス」の影響が出てしまい、長い目で見るとリストの収集率も低下する可能性があります。

そのため、ブログをより効果的に運営するためには、訪問者の視点を大切にし、多様な情報提供を考えることが欠かせません。

 

ブログ運営におけるリスト収集のための記事内リンク戦略について

ブログを運営する際に、読者のメールアドレスなどをリスト化することが重要です。

ただ、すべての記事でメルマガへ誘導するのではなく、読者がブログ内を徹底的に巡回できるようなリンクを設置することが重要です。

訪問者にできるだけ多くの記事を読んでもらい、最終的にメルマガに登録してもらうことが理想です。

 

また、SEO対策としても、記事の出口を一律にメルマガへ誘導するのではなく、記事のキーワードや関連記事へのリンク、ブログのコンテンツ一覧への誘導リンクを設定することが効果的です。

特定の記事で直接メルマガ登録を促しても、必ずしも成功しないこともあります。

そのような記事では、無理にメルマガへの誘導を行うよりも、他の関連記事へのリンクを設ける方が効果的です。

 

SEO対策における記事の出口とメルマガ登録の関係性について

SEO対策を行う上で、記事の出口をメルマガへの登録促進にする場合には、その記事が成約(登録)に繋がる魅力を持つことが重要です。

もし魅力が不足している場合、単純な登録率向上だけではなく、読者に他の記事を読んでもらい、ブログ内での価値提供や教育に力を注ぐことが肝要です。

この取り組みにより、ページビューが増加し、SEO対策も強化され、結果としてメルマガへの登録率が向上します。

したがって、記事ごとに出口を適切に設計することが重要であり、ただ機械的に「メルマガ登録はこちら」とリンクを貼るだけでは、SEO面で損をする可能性が高いです。

つまり、戦略的な配慮を欠く投稿は避け、出口を工夫することを推奨します。

今回は、SEOに有益な文章執筆、記事構成の指針、そして出口戦略について解説しました。

ぜひ参考にしてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP