【成功への近道】相手の心理を読み取るコピーライティング

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【成功への近道】相手の心理を読み取るコピーライティング

広告文を成功させるために必要なスキルは、読み手の心理を洞察することが重要です

広告文を書く上で、ただ上手な文章を書くことやテクニックを駆使することよりも、読み手(潜在顧客)の心理を理解することが重要だという話を、ここ数回の記事でお伝えしています。

たとえば、以下の2人のコピーライターを考えてみましょう。

・潜在顧客の心理を理解できずに上手な文章を書くライター

・潜在顧客の心理を正確に理解し、適切に表現できる一般的な文章を書くライター

これら2人が実際に広告文を書いた場合、やはり反応が得られるのは後者の、潜在顧客の心理を正確に理解することができるコピーライターだと思います。

前者の「潜在顧客の心理を理解できないが上手な文章を書くコピーライター」は、言葉の選び方や表現が上手いだけで、お客様の気持ちや状況を全く読み取れない鈍感な営業マンと言えるでしょう。

一方、後者のコピーライターは、口数が多いわけではないかもしれませんが、お客様の気持ちをしっかりと理解しよく営業マンと言えるでしょう。

この2人のコピーライターを例に挙げた質問は、「どちらが高い営業成績を残せるか」という問いに似ています。

当然ながら、営業として成功する可能性が高いのは、後者の「お客様の気持ちを理解できる営業マン」でしょう。

実際、自身がどちらの営業マンと関わりたいか、どちらから商品を購入したいかを考えてみれば、当然の結論が出るのではないでしょうか。

そして、これは広告文においても同じです。

読み手の望む反応を引き出す広告文を書けるのは、文章が上手いだけでなく、潜在顧客の心理を正確に理解してその心情を表現することができるライターが書いた広告文だと言えます。

 

文章のクオリティ向上には「読者の心理理解」が重要です

コピーや文章を作成する際に、表面的な技術やテクニックだけでなく、読者がどのように反応するかを的確に把握することが必要です。

文章を単に派手に飾っただけでは、効果的なコピーを生み出すことは難しいのです。

情報商材業界などでよく見かける、顧客の気持ちを考えずにただ無神経な表現だけを並べたコピーは、読者には受け入れられません。

そのため、ライティング技術だけでなく、読者の心理を読み解くスキルが重要視されます。

テクニックは後からでも学ぶことができますが、まずは本質的なスキルである読者の心理理解を身につけることが、効果的な文章作成の土台となります。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP