【ブログ、メルマガ】ターゲットの明確な設定で成功する秘訣

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ブログ、メルマガ】ターゲットの明確な設定で成功する秘訣

ブログやメールマガジンを成功させるためには、どこまでターゲットを明確に設定すべきか

インターネットを使った集客やマーケティングにおいて成功するためには、自分が提供するメディア(ブログやメールマガジンなど)を通じて、欠かせない点が2つあります。

①集客を促すこと

②情報発信を行うこと

僕は、このブログを通じて主に集客し、さらにメールマガジンを通じて情報を発信しています。

これらのメディアを使って、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)というマーケティング手法を展開しています。

しかし、このようなメディアを作る際には、その前に「ターゲット設定」が不可欠です。

つまり、「誰を集客するか」「誰に情報を提供するか」を明確にすることが重要なのです。

なぜなら、ターゲットが定まらなければ、提供する情報やコンテンツの内容も決められないからです。

実際に提供する情報=コンテンツは、最終的にはそのターゲットに基づいて形成されます。

そして、そのコンテンツを構成する文章も、ターゲットが明確であることによって、「ターゲットの反応を意識した文章を書ける」ということに繋がります。

つまり、ブログやメールマガジンにおける成功は、ターゲット設定にかかっているのです。

特に僕が行っているDRMでは、ターゲット設定がマーケティングの成果に直結する重要な要素と言えます。

今日は、このような重要な「ターゲット設定」に焦点を当てて、どこまで明確に設定すべきかを探ってみたいと思います。

ブログやメールマガジンのターゲットは、果たしてどこまで明確に設定すべきなのでしょうか。

 

ターゲットを設定する際のポイントについて詳しく解説します

まず、ターゲットを設定する際に重要なのは、「どのような人々を中心に据えるか」という点です。

例えば、既に販促の対象となっている商品やサービスが明確であれば、そこに価値を感じている人たちや、その商品やサービスを求めている人たちをターゲットに設定します。

この考え方は、広告ビジネスなどを展開している場合でも同様です。

一方で、特定のジャンルを基準としてターゲットを絞り込むことができれば、そのジャンル全般を対象に販促を進めることが可能です。

自分が情報発信や提供を行いやすいジャンルを前提にし、そのジャンルに興味や関心を持つ人たちをターゲットにすることも有効です。

商品を基準としてターゲットを設定する場合でも、あるいは特定のジャンルに焦点を当てる場合でも、重要なのはその「悩み」や「願望」に注目することです。

ターゲットの「悩み」や「願望」に対処することは、情報提供や将来の商品提案において肝心なポイントです。

つまり、どのような悩みや願望を持っている人たちを対象にするかを考えることが、ターゲット設定の中で最も重要な部分です。

「悩み」「願望」を中心にターゲットを確認することで、ネットユーザーだけでなく、世の中の人々が興味を持ち、関心を寄せ、さらにはお金を提供するような要素には、必ず「悩み」や「願望」が存在していると言えます。

 

顧客ターゲットを明確にする重要性

ビジネスを展開する際には、どのような悩みや願望を持った顧客を対象にすべきかを明確にする必要があります。

特に女性向けの商品や情報を提供する場合には、女性特有の悩みや願望を把握した上でターゲットを設定することが重要です。

しかし、中には性別や年代でターゲットを絞り込む必要のないブログやメルマガも存在します。

例えば、「40代サラリーマン向けアフィリエイト講座」といったメディアが挙げられますが、ネットビジネスで成功したい人や収益を上げられない人の悩みや願望は40代のサラリーマンに限定されるわけではないことを理解する必要があります。

 

ターゲットの幅広さ

多くの人々がネットビジネスで成功を収めたいと考えています。

そのため、情報や商品を提供する際には、40代のサラリーマンだけに焦点を当てる必要はありません。

ネットビジネスに興味を持つ人々の悩みや願望は、年齢や性別に関係なく共通するものが多いのです。

例えば、40代のサラリーマンが興味を持つ情報や商品は、20代のフリーターや30代の主婦にも魅力的に映るでしょう。

そのため、ネットビジネスの情報を提供するメディアが40代サラリーマンをターゲットにするメリットはほとんど無いと言えます。

ターゲットを広げずに狭めてしまうことは、むしろデメリットにつながる可能性があります。

一方で、特定のターゲットを設定するメリットも存在します。

例えば、60代の女性向けの健康法や40代以上の方々向けの婚活講座などは、特定の年齢や性別にフォーカスした情報を提供することで、受け手のニーズに特化しやすくなります。

健康に関する情報であれば、30代、40代、50代といった年代ごとに異なる健康の悩みに焦点を当てることができるでしょう。

このように、特定のターゲットを設定することで、情報や商品の提供がより効果的になり、受け手のニーズに合った情報を提供できるというメリットがあります。

 

ターゲットの分析における年代や性別の重要性について

特定のジャンルにおいて、年代や性別ごとに求める情報や商品が異なることは確かです。

例えば、「恋愛」「結婚」などのテーマでは、10代や20代の女性と40代以上の女性では悩みや願望が大きく異なります。

そのため、年代を区切ることでターゲットを絞り込むことには大きな意味があります。

同様に、40代からの婚活などでは男性と女性での悩みも異なるため、性別を区切ることが必要不可欠です。

ターゲットをより明確にするためには、そのターゲットが抱える悩みや願望が異なるかどうかを考慮することが重要です。

もし異なる傾向が見られる場合、その線引きによって求められる情報や商品も変わってきます。

しかし、逆に異なる傾向が見られない場合は、その線引きは無意味になります。

ターゲットを狭めるだけでなく、その分析が実質的な意味を持つためには、ターゲットの悩みや願望を分ける境界線がはっきりしているかどうかを見極めることが大切です。

メディアでのターゲット分析を行う際には、この視点から絞り込む必要性を検討してください。

 

メディアのターゲット設定における余計な絞り込みは避けるべき理由

もしも、すでに運営されているメディアのターゲット設定が、意味のない絞り込みを行っていると感じられる場合は、その不必要な「縛り」を撤廃してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

ネットマーケティングを前提としたメディア制作においては、ターゲット設定とその明確化のバランスが非常に重要です。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP