【冒頭文の原則】ウェブライティングにおける書き出しの重要性

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【冒頭文の原則】ウェブライティングにおける書き出しの重要性

効果的な文章冒頭の書き方について

インターネット上で公開される文章、例えばブログ記事やセールスレターなどでは、その最初の部分、つまり「書き出し」には重要な共通の原則が存在します。

これは、読者や訪問者が文書全体を読むか否かを決定する重要なポイントとなります。

ブログ記事の場合、その最初の部分は冒頭文であり、セールスレターやランディングページではヘッドコピーと呼ばれます。

これらの部分で、以下の原則をしっかりと踏まえていないと、ほとんどの人が読み進めることはないでしょう。

というのも、書き出しの部分を読んだ時点で、多くの訪問者がそこで興味を失い、退室してしまう可能性が高いからです。

具体的には、その文章の目的や趣旨をはっきりと示すこと、そして誰に向けて書かれたものなのか読者が理解できるようにすることが重要です。

これらが曖昧だと、読者は続きを読んでくれる可能性が著しく低くなります。

文章の中身が理解できない状況では、読者は次に何を期待すべきか分からないため、興味を持つことも難しくなります。

要するに、書き出しの段階で読者にとって興味深いものを提供しなければ、続きを読んでもらうことは難しいのです。

したがって、記事やセールスレターの趣旨や目的がはっきりと示されておらず、誰に向けて書かれたものなのかも不明確な状況では、読者が貴重な時間を割いて読み進める動機付けを得るのは難しいでしょう。

 

ブログ記事の冒頭文の重要性

普段、セールスレターやランディングページではしっかりとした内容が書かれていることが一般的ですが、ブログ記事においては、そのようなわかりやすさを欠いていることが少なくないのが現状です。

記事の趣旨や目的、対象読者が明確でないタイトルや冒頭文が書かれた記事が多くあります。

そのため、読者が内容を理解するまでに時間がかかる記事も少なくありません。

ただし、このような記事をしっかりと読んでくれるのは、既にブログのファンでリピーターとなっている人たちだけであり、他の検索エンジンからの訪問者や初めて訪れる読者には内容を理解してもらうためには改善が必要です。

冒頭の文章には、記事の趣旨や目的を明確に提示し、誰に向けた内容なのかを特定することが重要です。

記事をしっかりと読んでもらうためには、冒頭から内容を引き付けることが鍵となります。

なぜなら、通りすがりの読者が多いため、まるで街頭演説のように、ほとんどの人が真剣に内容を追求するわけではないからです。

円滑なコミュニケーションを図り、読者を引き込むためには冒頭の文章に工夫を凝らすことが欠かせません。

 

効果的な文章の書き出しのポイント

もしも、インターネット上のブログ記事やセールスレターを書く際に、「読者が興味を持ってもらいたい」と思っているのであれば、文章の書き出し部分が非常に重要です。

読者は通りすがりの意識で訪れることが多いため、まずはどんな内容か、誰を対象にしているのかを明確に認識させる必要があります。

そのため、冗長でなく端的に伝えられる部分が重要です。

記事やセールスレターの冒頭3行で、全体の趣旨や伝えたいことを端的に示すことで、読者の注意を引くことができます。

例えば、この記事でも「文章の書き出しのポイント」というタイトルから、書き出し部分の大切さや効果的なアプローチについて理解できるように工夫されています。

 

冒頭文における問いかけの重要性

"〇〇〇とは"という疑問形の一文は、読者に記事の趣旨を明確にし、その答えを知りたくなる気持ちを引き出す役割を果たします。

この問いかけに対する答えを求める訪問者が、自ずと記事のターゲットとして特定されることになります。

例えば、「〇〇〇に悩んでいませんか?」や「〇〇〇を知りたいと思いませんか?」といった直接的な問いかけは効果的であり、悩みや知識欲を持つ人が記事のターゲットであることを明確に示唆します。

だからこそ、ブログ記事の冒頭文は、記事の趣旨や目的の提示、読者層の特定のどちらか、または両方を読者が明確に認識できるように構成されるべきです。

これらの要素が欠けた冒頭文は避けるべきです。

なお、この原則はセールスレターやランディングページなどのヘッドラインやヘッドコピーにも共通しており、インターネット上で訪れる読者に訴求する文章を書く際には、しっかりとこの原則を守るよう心がけるべきです。

ブログ記事やセールスレターにおける冒頭文は、このような共通原則の下に書かれるべきです。

是非、参考にしていただければ幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP