【伏せ字】【抽象文】を活用したコピーライティングの秘訣

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【伏せ字】【抽象文】を活用したコピーライティングの秘訣

伏せ字と抽象文の力を使って興味を引く方法

今日は、コピーライティングの話を少しテクニカルにお伝えします。

通常、このブログでは細かなテクニックにはあまり触れていませんが(笑)、書店や他のブログで紹介されているような基本的なライティングテクニックはそちらで学べるからです。

ただ、今日はその中でもあまり取り上げられないテクニック、つまり「伏せ字」と「抽象文」を使ったコピーについて紹介します。

「伏せ字」とは、セールスレターや広告でよく見かける、例えば「私が成功させた〇〇〇〇の秘密」といった具合に情報を伏せて表現するテクニックのことです。

一方、「抽象文」とは、「あるもの」「ある方法」といったものを強調するコピーのことです。

例えば、「私が成功させたあるもの」とか「私が成功させたある方法」という表現が該当します。

これらの「伏せ字」と「抽象文」を使ったコピーは、伏せた情報や抽象化したポイントに興味を引くために構成されています。

例えば、「その〇〇って何だろう?」、「その「あるもの」が気になる!」、「その「ある方法」って何なの!」などといった、読者の心理的な興味を引き出します。

これが実現できれば、その伏せ字や抽象文を使ったコピーは、自身の役割を果たしたと言えるのです。

 

コピーにおける「伏せ字」と「抽象文」の効果的な使い方

「伏せ字」や「抽象文」を使用したコピーは、どれだけの興味を引きつけるかが重要です。

これらの手法は、情報を不明瞭にする傾向があり、結果として本来伝えたいポイントが霞んでしまうことがあります。

コピーがイメージしにくいと反応が低くなるため、伏せ字や抽象文を使う際は、興味をしっかり引き出す必要があります。

コピーの目的は、前向きなイメージを生み出し、それを読者の興味に繋げることです。

伏せ字や抽象文を使用する際は、興味を確固たるものにすることが重要です。

「その〇〇って何だろう?」「その「あるもの」が気になる!」など確かな疑問や興味を引き出すことが必要です。

そのような興味がない場合、伏せ字や抽象文は単にイメージしにくいだけでなく、マイナスの効果をもたらします。

したがって、伏せ字や抽象文を使用する場合は、興味を集めるように注意深くコピーを構成する必要があります。

例えば、「朝の〇〇をツヤツヤにするアロマスチームとは?」、「朝のお肌を〇〇にするアロマスチームとは?」、「朝のお肌をツヤツヤにする〇〇とは?」など、伏せた部分や抽象化したポイントを工夫して、興味を引きつけるように心がけることが重要です。

全体としてコピーを比較すると、それぞれの伏せ字のポイントが明確になり、どのフレーズがどのような部分を隠しているかが一目でわかるでしょう。

 

コピーにおける伏せ字に関する分析

上記のテキストを要約すると、コピーにおける伏せ字は、「興味を引き出せる余地」を生み出す際に重要な役割を果たすことが分かります。

伏せ字の部分が読み手にとって興味深い「可能性」を示す場合、その情報が後で明らかになることで読み手はメリットを享受できます。

ただし、伏せ字がどれほど効果的かはコピーの中身により異なります。

特定のコピーでは伏せ字によって「興味を引き出せる可能性」が高まり、読み手が情報を知りたいと思うよう誘導されます。

そのため、コピー作成時には伏せ字を活用する際には、読み手が得られるメリットを明確に提示することが重要です。

 

伏せ字や抽象文の効果的な活用方法

要するに、コピーで伏せ字や抽象文を使う際には、読者側が興味を引かれる部分を際立たせる必要があります。

つまり、具体的な情報を伏せたり、抽象化することで、「何が隠れているのか知りたい」「そこに何があるのか知りたい」「どのような方法が使われているのか知りたい」という好奇心を刺激するコピーを作成する必要があるのです。

このような伏せ字や抽象文を使ったコピーは、情報商材のセールスレターやブログ記事のタイトルなどでよく見かけます。

しかし、何を伏せ字にし、何を抽象化するかによって、読者の反応が大きく異なってきます。

そのため、実際に伏せ字や抽象文を使う際には、このポイントをしっかりと押さえて実践することが重要です。

提供した例文も参考にしていただければ幸いです。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP