【面白い文章を】書くためのヒントと定義

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【面白い文章を】書くためのヒントと定義

面白い文章を書くために大切な考え方や方法について

僕のブログ、さらにはメルマガの読者から、時折、「どうすれば面白い文章が書けるのか?」というご質問やご相談を受ける機会があります。

これらの相談の背後には、ほぼ半数の方が、「面白い文章」という概念やアプローチについて、根本的な認識ミスを抱えている傾向があります。

そのため、今日は「面白い文章を書く」ということやその「面白い文章の書き方」について、基本的な考え方から説明してみたいと思います。

「面白い文章」をブログやメルマガに執筆するためのポイントについての講座です。

本記事のタイトルには「面白い文章の書き方」とありますが、厳密に言うと、「その書き方がわからない」という人は、考え方や見方に誤りがある可能性が高いです。

なぜなら、読者が実際に「面白い」と感じるのは、文章そのものではなく、その「内容」にあるからです。

もちろん、その「内容」を面白く伝えるためのスキルが、コピーライティングとしても活かされますが、 根本的に「面白くない話」を無理に面白くしようとするのは簡単なことではありません。

むしろ、非常に高いハードルが存在すると言えるでしょう。

 

初心者のためのコピーライティング: 面白さを引き出す方法

まだコピーライティングの勉強を始めたばかりで、ブログやメールマガジンの文章を書く経験がほとんどないという状況でも、つまらない内容や情報を面白く感じてもらう文章を書くことは、かなり難しいチャレンジです。

ただし、そのためにはスキルが必要です。

ご自身が興味を持ち、価値を感じる話題や情報を選び、それを表現することが重要です。

読者も同じような考え方や感覚を持つ人たちなら、あなたの文章から面白さや興味を感じてくれるはずです。

実際、読者が「身になる」「役立つ」と感じる内容こそ、ブログやメールマガジンの魅力に繋がります。

つまり、面白い文章を書くためには、文章そのものよりもまずは内容を重視することが大切です。

自分が面白いと思う話題や情報を中心に、しっかりと伝えることで、同じ興味や価値観を持つ読者にとって魅力的なコンテンツとなるのです。

 

運営するブログやメールマガジンにおける文章の魅力について

一般の個人が特定のテーマに基づいてブログやメールマガジンを運営する際、小説や漫画のようなエンターテイメント性を追求する必要はありません。

読者もそのようなエンターテイメント性を期待していないからです。

もしエンターテイメント性を求めるなら、専業の小説家や漫画家の作品を読むでしょう。

一方、私たちのような何者でもない人が運営するブログやメールマガジンは、単純な「面白さ」だけを提供するのではなく、価値ある情報を伝えることが重要です。

文章の魅力は、面白さだけでなく、読みやすさ、理解しやすさ、説得力などが重要な要素となります。

そのため、内容以外の部分で文章を魅力的にするためには、これらの要素に注意を払う必要があるのです。

 

文章の魅力の秘訣

単純に書くと、このブログでは何度も読みやすさや理解しやすさ、そして説得力といった要素について何度もお話してきました。

つまり、僕が普段から提唱している「わかりやすい文章の書き方」「説得力のある文章の書き方」は、実はこのようなブログやメールマガジンで求められる「面白い文章の書き方」と重なっているわけです。

言い換えれば、ブログやメールマガジンにおける面白い文章の書き方とは、読みやすい文章、理解しやすい文章、説得力のある文章などがその秘訣であり、更に重要なのは、「面白さを左右するのは文章そのものではなく、その内容である」ということです。

このポイントをしっかり心に留めておき、内容と文章の関係を理解していない方は再認識するよう心掛けてください。

 

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP