【成功への近道】芸人が実践する適切な勉強法

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【成功への近道】芸人が実践する適切な勉強法

趣味や嗜好についての偏見を解消したい

ブログやメルマガで取り上げるテーマや内容が、少し真面目な感じであるためか、僕のイメージとしては、「難解な本しか読まない人」「大衆的なものには全く興味を示さない人」だと思われることが多いようです。

初対面のクライアントなどからも、そう言われることがよくありますが、実際はそうではありません。

難しい本を読むこともありますが、社会全般で言われる「大衆的なもの」にも一定程度は関心があります。

確かにスマートフォンの使い方には未だに慣れておらず、そのようなアプリやゲームには疎いですし、時間をゲームに費やすことはありません。

スコアやレベルを上げるよりも、普通に仕事をしてお金を増やす方が楽しいです。

しかし、漫画や映画、音楽などには一般的なレベルで触れていると思います。

音楽の趣味は硬派なので、大衆的なもの(例:AKBやEXILEなど)は全く聞かないし、映画もややマニアックな作品に限って観ますが、漫画に関しては大衆的なものも普通に読んでいると思います。

例えば、小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」や山本直樹の「レッド」など、少し難解なものも好んで読んでいます。

その意味で、僕がもっとも大衆的なものに触れているのは、地上波テレビかもしれません。

ドラマやバラエティ番組も一定程度は観ていると思います。

 

アメトーーク「勉強しまくった芸人」を見た感想

基本的にテレビをリアルタイムで視聴することは少ないので、普段は仕事中に別のモニターでYoutubeなどの動画サイトから番組を視聴しています。

その中で、今日は「アメトーーク」という番組の「勉強しまくった芸人」というテーマが特に興味深い内容でした。

この番組はお笑い芸人たちが集まって特定のテーマでトークをするシンプルな形式をしているのですが、今回の放送回では「勉強しまくった芸人」たちが登場しました。

出演者は高校や大学で一生懸命勉強した芸人たちで、ほとんどが高学歴です。

例えば、京大卒のロザン・宇治原さん、東大卒の田畑藤本・藤本さん、慶應義塾大学卒のオリエンタルラジオ・中田さんなどが出演していました。

彼らは自らが過去にどれだけ勉強に打ち込んでいたかを面白おかしく話し、勉強法や考え方についてトークしていました。

その内容は、ビジネスやスキルアップに役立つ情報が満載で、本当に参考になるものでした。

特に、僕のメルマガ読者の中にはコピーライティングの勉強をしている方も多いかと思いますが、この番組は彼らにとっても価値のある情報源となるでしょう。

是非チェックしてみてください。

 

「アメトーーク 勉強しまくった芸人」の放送回について詳しく解説します

この番組の放送回では、勉強をテーマにしたトークが行われており、非常に興味深い内容となっています。

例えば、「量」と「質」のどちらが勉強において重要なのか、適切なリフレッシュ方法、暗記や集中の落とし穴、理解を深める方法など、様々なテーマが取り上げられています。

もちろん、地上波のテレビ動画は削除されることが多いため、放送回を見逃してしまった方もいるかもしれませんが、このメルマガで紹介されている内容を参考にすることで、その放送回で話された内容をざっくりと知ることができます。

番組に出演した芸人たちは、一流大学に進学するための勉強法に、このようなポイントを押さえていたのではないかと考えられます。

僕自身も勉強が苦手だったが、ビジネスの世界に身を置く中で、これらのポイントを意識しながら仕事を進めてきた結果、効果を実感しています。

5つのトークテーマや芸人たちが語る内容は、現在進行形でビジネスや学習に取り組む上で参考になることが多く、一致する部分が多いです。

その中には、「お前しかできない」という言葉もありますが、少なくとも僕はこれらのポイントを意識して仕事に取り組んでおり、成果を出しています。

社会での成功に必要な効率的な学び方

社会での成功を目指す際には、ビジネスの現場でも同じ精神で取り組むことが重要です。

成功するためのポイントを読み解くために、以下のトークテーマについて一つずつ詳細を解説していきます。

例えば、「勉強は「量」か「質」か」という問いに対して、一般的には「質」の方が重要であることは予想されます。

なぜなら、時間は限られている中で、自己の知識やスキルを向上させるためには、質の高い勉強、つまり効率性を重視した学び方が必要だからです。

時間をかけることよりも、効率的に情報を吸収する方法に注力することが肝要です。

この点を理解しておらず、効率的な学び方ができていない人々こそ、ビジネスにおいて成功を収めていないのかもしれません。

成功を目指すためには、自分やビジネスにとって最適な学び方や行動を見極め、冷静に考えながら適切な行動を繰り返すことが重要です。

一方、思うような成果を上げられていない人は、何となく行動を決めたり他者の影響を受けながら行動していることが多い傾向があるようです。

 

人生を自らの意思で切り開くために

たくさんの人々が、自らの人生をただ「流れに身を任せて」進んでいるように感じますね。

彼らが成功をつかめていない理由は、明確になっています。

それは、現時点で自分が取るべき最良の行動を真剣に考えることがないからです。

このような状況は、実質的には「何も考えずに生きている」状態と同義です。

自ら考え、熟考し、自問自答をくり返すことで、脳が活性化され、成功や失敗が自己に深く刻み込まれていきます。

これが、個々人の「経験値」として蓄積されていくのです。

常に最善の行動を考え抜きながら生きている人々と、そうでない人々とでは、当然のことながら大きな差が生まれます。

僕たちが年収で数億円を稼ぐ人と、生涯にわずか1億円しか稼げない人との違いは、考え方の積み重ねによるものだと考えられます。

実際、その「積み重ね」こそが、行動の差異を生み出しているのです。

行動に意味や理由、そして価値を持たせて生きることで、ただ流されて生きる人生との間に、大きく埋めがたい溝が生まれることでしょう。

遅すぎることはありませんので、これまでただ流れに身を委ねてきた自分の人生に真正面から向き合ってみましょう。

可能な限り真剣に「軌道修正」を行い、自らが進みたい道を切り開いていきましょう。

本当に自分が望む人生を歩むために、真剣に考え抜いた行動を起こしていくことが、重要です。

 

行動の結果が思うようにならなかったとしても、それは人生経験と糧として活かせる可能性がある

もし選んだ行動が思ったような成果を出さなかったとしても、それで得られる経験や気づきはきっと将来のあなたにとって重要なものになるでしょう。

成功や失敗に関わらず、自分が決断した道を歩むことは成長につながります。

この考え方は、勉強やビジネスにも通じる重要な原則です。

常に「今この一秒で何が最善か」という意識を持ち、その行動を選択することが大切です。

今回、僕がこの内容を書くことを選んだのも、自分が価値を感じる内容を伝えるためであり、最善の行動と考えています。

言いたいことを文章にして伝えることが、僕にとっての最良の選択です。

ところで、今回の話題は少し余談が多かったかもしれませんね。

でも、次の話題はトークでそのまま本題として取り上げられていました。

それは、「リフレッシュ法」というテーマです。

「リフレッシュ法」とは具体的に何か、その最も適切な方法について話されていました。

それは、オリエンタルラジオの中田さんのトークテーマでしたが、このリフレッシュ法は、僕自身も過去に何度か、クライアントやビジネスパートナーに対して自分のリフレッシュ方法として提案したことがあります。

しかし、多くの人々は、「それでリフレッシュできるの?」と驚いたような反応を示しました。

中田さんが提案したリフレッシュ法とは、「別の科目の勉強をする」というものでした。

僕の場合は仕事柄、文章を書くことが多いです。

例えば、ある商品のコピーを書いて疲れたときは、別の商品やテーマについての文章を書くことで、頭の中をリフレッシュしていました。

 

脳の疲れ解消のためには、適切なリフレッシュ法が重要

脳の疲れを感じた際、それは体の他の部位と同様に、使われた脳の特定の部位が疲労を感じていることが原因です。

このため、似たような題材やコピーを続けて書くのではなく、異なる方向性やテーマのものを取り入れることが大切です。

そのようにすることで、新たな脳の部位が活性化され、休ませたい部位には十分な休息を取らせることができます。

僕は、1日の大半を仕事に費やすことが多いため、自身が実践しているリフレッシュ法として、連続して20時間も文章を書くことがあります。

しかし、その際には3〜4時間おきに題材を切り替えることで、脳のリフレッシュを図っています。

この方法は、オリエンタルラジオの中田敦彦さんも提唱し、「無限リフレッシュ状態」と表現していました(笑)。

脳を休ませつつ、常にリフレッシュを心がけることで、24時間勉強や仕事を続けることが可能です。

そして、作業の質に重点を置くことで、成果や結果が自然とついてくるのではないかと考えています。

リフレッシュの過程で他の学習や作業を行うことは、自らの時間を最も有益な方法で有効活用する行動と言えるでしょう。

ただ単に疲れたからといって、時間を無駄にするような遊びやYouTube動画の視聴などは、無意味な脳の使用や時間の浪費になることを意識しておきましょう。

 

勉強法の落とし穴

もちろん、休息は遊ぶことも大切だと思いますが、リフレッシュする観点から考えると、脳を刺激する勉強や仕事をすることが最も効果的なリフレッシュ法であることは間違いありません。

もし速やかに成果を出したいのであれば、ぜひ実践してみてください。

有名なロザン・菅さんが提唱する『暗記の落とし穴』という話題があります。

彼は「歴史の勉強法」などにおいて、多くの人々が誤った勉強方法を取っていると指摘し、「歴史を学ぶ際は流れとその要因を理解することが先決だ」と主張していました。

これは一見当たり前のことのように思えますが、実際に多くの人が歴史などの教科を学ぶ際、その時代ごとに出来事や人名、年号などを暗記していることが一般的です。

しかしながら、多くの人が「流れ」を「暗記」した程度にとどまり、「流れとその要因を理解する」という学習方法は少ないようです。

暗記中心の学習法を取る背景には、おそらく「テストで高得点を取りたい」という意識が働いており、テスト対策として答えだけを丸暗記することが効果的に思えるからだと考えられます。

このような「暗記主体の学習法」は他の多くの科目にも適用され、確かにこの学習法で情報を暗記した人はテストでよい点を取る傾向があります。

ただし、その知識や情報を「実践的に活用できるか」という点においては、暗記の知識や情報はほとんど活かされません。

むしろ、そのように覚えた知識はテストが終わった数日後や数カ月後にはほとんど忘れられてしまうことが多いです。

 

暗記型の勉強法の限界と理解重視の学習方法の有用性

つまり、単に暗記をメインにした学習方法は、 一時的なテストで成績を上げるためだけの方法に過ぎません。

しかし、高校入試や大学入試ではこの方法が通用することが一般的なため、 一部の人は学歴だけを重視して暗記に偏った学習を続けます。

しかしながら、社会に出てからはうまく自分の知識を活かせず、 仕事に支障をきたす傾向があるのは、 暗記が主体の学習だけをしてきた人たちなのです。

要するに、情報を頭に詰め込むような「暗記型の勉強法」では、 身につけた知識や情報を実践的に活用することができず、 それらの知識や情報もほとんど記憶に残りません。

一方で、歴史の学習を例に取ると、 時代の流れやその要因をしっかりと理解した上で、 出来事それぞれをその要因とともに覚えていく人は、 知識や情報を経験則として活かす傾向があります。

何より、記憶が要因と結びついていることで、 長期間にわたり情報や知識を記憶し続けることができるのです。

この段階で、単に暗記に終始してきた人と、 その背景や要因を理解してきた人とでは、 長期的に見て脳内の知識量に大きな差が生じるというわけです。

そして、暗記が中心の学習法に染み付いている人は、 物事の理解や捉え方においても、 表面的に物事を理解するだけで全体像や成り立ちを把握しようとはせず、 その差がどんどん広がっていくことになるのです。

人生全般において、経験や物事の本質を理解するタイプの人と、 単に暗記だけに頼る人とでは、 ますます差が広がっていくことになります。

 

スキルの獲得やビジネスの成功において大切な考え方

この考え方は、コピーライティングのスキルを身につける際だけでなく、ビジネスを進める際にも重要です。

それは、「物事の要因と本質を理解しながら進む人」と「表面的な捉え方しかできない人」という2つの考え方の違いについてです。

当然、この両者ごとに、スキルの獲得度合いやビジネスでの成功確率も大きく異なってきます。

もし、物事を単に暗記していくような表面的な考え方をしていると感じているなら、今すぐその考えを改めるべきです。

まずは全体像や要因を理解した上で、1つ1つの事柄をよく理解する考え方を身につけてください。

「集中」の落とし穴は、集中力をどこに向けるか、その判断と意識が重要であるということです。

脳は基本的に1つのことにしか集中できません。

正しくは、1つのことにしっかりと集中することで、最高のパフォーマンスを示してくれるのです。

つまり、2つのことを同時に考えるよりも、1つずつにじっくりと集中することで、スピードと質の両面で向上が見込めます。

この点において、脳科学的な見地からも全く間違いはありません。

ただし、伝えたいのは、1つ1つのことに集中せよということではなく、重要なのは「今、自分が集中すべきものは何か」を見極め、判断していくことだということです。

これは最初に述べた「量より質」の考え方ともつながります。

例えば、勉強の場面で言えば、ただ黒板の内容をノートに写すことに必死になる人は、集中力を無駄に使っていることになります。

 

効果的な学習法について考える

実際の傾向として、ノートを綺麗に書く人ほど点数や成績があまり良くないことが言われています。

たとえば映画を見ながら真剣にメモを取る人は、内容や人物名をサッと答えられる一方で、点数や成績はあまり良くない傾向があります。

つまり、ただノートをきれいに書くことに重点を置くよりも、授業や映画を理解し効果的に記録することが重要です。

最も成績や要領が良い人は、必要な情報を端的にメモし、授業中に思考を巡らせながら集中しています。

重要なのは、自分の目的に向かって頭を使い、適切に集中することです。

そのためには、必要な情報だけを端的にメモするように心がけましょう。

 

集中するべきポイントを見極めるための考え方

自分が集中しようとしていることが適切かどうか、常に疑問に思うことは大切です。

自分の目指す目標や本質を見極め、適切なポイントに集中することが必要です。

例えば、東大卒の芸人である田畑藤本・藤本さんが提唱している「自分に勉強を教えて欲しいという需要を作り、その需要を満たすことで自己の理解を深める」という方法は、非常に興味深いものです。

人に教えることで自分の理解を深めることができるというアプローチは、ビジネスの領域でも有効です。

この方法を実践することで、学力だけでなくビジネススキルや知識を向上させ、信頼を築き、ブランド構築につなげることができるでしょう。

さらには、ビジネスパートナーを育成したり、商品やサービスの提供に繋げたりすることも可能です。

これらの直接的なメリットだけでなく、派生的な要素も考慮すれば、この方法の本質的なメリットは計り知れないものがあると言えます。

自分にとって本当に重要なポイントに集中し、そのポイントで効果的に行動することが、より成果を上げるための鍵となるでしょう。

 

自己向上を通じて成功を収める方法の裏付け

私自身は、これまでコピーライターやマーケッターとしての活動を通じて、自己向上を重ねることで成功を収めてきた自信があります。

自分が高いスキルを身につけ、それによって大きな成果を挙げてきたこと、そして信頼できるビジネスパートナーとの強固な関係を築きながら事業を拡大していることは、僕が実証してきた方法の裏付けと言えます。

内的要因としては、教えることで自己スキルを向上させること、質問に答えることで知識を充実させること、教育者としての責任感を強めること、そして教える側としての意欲やモチベーションを高めることが挙げられます。

外的要因としては、教えた相手から得られる信頼、教えることで得られる対価と報酬、教わる側からの需要の理解、商品やサービスを改善するための市場理解、ビジネスパートナーを育成することがあります。

「教える側」としての立場を確立し、その行動を継続することによるメリットは計り知れません。

これらの要素が、「教育者としての自己の質や影響力」に比例して相乗的に成長し、私の実績の礎となってきました。

自己向上を図るための行動を早い段階で取り入れることで、僕は他の人よりも速やかに大きな成果を上げることができたのです。

 

ビジネスにおける自己向上と利益追求の関係

僕は、教育者としてのスタンスを早い段階で確立し、情報発信者として他の人に価値を提供することを意識しています。

このためには、自らのメディアを構築していくことが重要です。

特にネットビジネス業界では、情報ビジネスやアフィリエイトなどの広告ビジネスにおいて、自らのスタンスを活かして利益を追求することが容易です。

自己向上を徹底的に追求することは、収入や利益と直結しています。

過去には自己向上を追求した哲学者などは、その評価が彼らが亡くなった後に行われることが一般的でした。

しかし、現在は自らの向上の方向性や方法を経営に活かすことができ、利益につなげることができる時代です。

古い考え方を捨て、自己向上こそが利益を生み出すという考えを持ち、自らの理想を追求していくことがビジネスにおいて重要です。

自己向上による利益を得ることができる人が増えれば、世の中やビジネス全体がより良い方向に進むのではないかと考えています。

自己向上による利益は、自分自身の成長や存在価値を示す指標となります。

先進的であり、理想の自分を追求し、自己向上によって存在価値を高め、利益追求を行うことが理想的だと思います。

 

ビジネスにおける成功要因と自己向上の関係

当然のことですが、自分の存在や活動の価値を示す方法は様々です。

例えば、農家で作物を育てることによって世の中に貢献していると感じる方もいれば、自分が心から支持する会社やその商品を広めることで社会に影響を与えたいと考える方もいます。

これらは、社会全体で求められているものであり、多くの人に価値を提供できるものであれば、自己啓発を進めることで、自分にも「その価値を与えただけの対価」が確実に返ってくると思います。

ビジネスとは、利益を追求することが真髄であると僕は捉えています。

最後に少し話が逸れましたが、他者に価値を提供することが、最も強固な自己啓発に繋がります。

自分が提供できる価値をより多くの人に届ける存在へと成長することは、ビジネスにおける成功の決定要因であり、非常に重要な転機となると思います。

僕はビジネスにおいて、提示されたこれらのテーマについて、常に徹底して取り組んでいます。

これらがすべて必ずしも欠かせないとは言いませんが、最善の考え方や思考法として取り入れることは間違いありません。

僕はこれらの原則を徹底し、その結果を現実の中で証明しています。

 

意識の持ち方が成功につながるわけ

今日の情報や知識をただの一つの情報として受け取るだけではなく、それを積極的に意識を持って行動に移すことの重要性を考えてみましょう。

この差によって、将来の人生の進路や、具体的に言えばビジネスにおける成果が大きく変わってくる可能性があります。

もし何もピンとこなかったと感じているのであれば、特に意識する必要はありません。

しかし、もし得るものや参考になると感じる情報があるのであれば、ただそれを受け入れるだけでなく、積極的にその意識を持ち、行動に移してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP