【ヘッドコピー】と【ボディコピー】の違いと関係性

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ヘッドコピー】と【ボディコピー】の違いと関係性

ヘッドコピーとボディコピーの違いとポイント

セールスレターやランディングページを作成する際に重要なのが、ヘッドコピー(ヘッドラインに表示される文章)とボディコピー(ヘッダー以降に続く文章)です。

これらのコピーの書き方には大きな違いがあります。

ヘッドコピーは訪問者の注意を引き、続きを読んでもらう役割があります。

一方、ボディコピーは訪問者を説得し、行動に移して成約につなげるための内容です。

ヘッドコピーの目的は訪問者の興味を引き付けることであり、その興味から続きのコピーを読んでもらうよう促します。

訪問者にとって重要な行動としては、ページをスクロールしてもらうことが挙げられます。

そのために必要なのが、そのオファーに対する興味を引くヘッドコピーです。

 

ボディコピーの役割とヘッドコピーの重要性

セールスレターやランディングページにおいて、ボディコピーはヘッドコピーで興味を持った訪問者に対して、具体的なオファーの詳細やメリットを伝え、最終的には成約に結びつける役割を果たします。

ヘッドコピーは訪問者の興味を引くことが重要であり、ボディコピーは訪問者の信頼や行動意欲を引き出すことが求められます。

一般的に、ボディコピーのハードルは高く、訪問者の行動を促すのには十分な説得力が必要です。

しかし、実際には多くのセールスレターやランディングページが、ヘッドコピーの段階で興味を引くことに失敗しており、訪問者がページを閉じてしまうという問題があります。

つまり、ボディコピーがどれだけ優れていても、最初に興味を引くことができなければ、その後の内容が読まれることはありません。

したがって、まずはヘッドコピーで訪問者の興味を引きつけることが重要です。

そして、ヘッドコピーとボディコピーの最大の違いは、訪問者の視点であることを考慮する必要があります。

訪問者がコピーを読み進める上での心理や視点に合わせて、それぞれの段階に適したコピーを作成することが必要です。

 

コピーの読み手の視点とコピーの種類

ヘッドコピーとボディコピーには、書かれている内容やポイントを細かく指摘することができますが、決定的な違いはそれではなく、読み手の視点にあります。

具体的には、ヘッドコピーではまだコピーを「読む」という段階にいないことが挙げられます。

一方、ボディコピーでは最低限その段階に至っていることが特徴です。

一般的に、訪問者がサイトに来た時点ではまだコピーをじっくり読むという意識はなく、主にコピーをざっと見るか感覚的に眺める程度です。

このような差異は、訪問経路によっても異なります。

SNSや検索エンジン、広告、バナーなどを経由してサイトに訪れる場合、訪問者はまずコピーをゆっくり読むという段階にはないため、サイトのコピーは一瞥されるか、ざっと目を通される程度であると考えられます。

 

セールスページのヘッドコピーとボディコピーの違いについて詳しく解説します

実際にオンラインでセールスページやランディングページを見た際、最初に目に入るのがヘッドコピーです。

この短い文章を読む前に、まずはページ全体をざっと眺めるだけで、そのページが何を提供しているのかが感覚的にわかります。

つまり、ヘッドコピーを見た瞬間に訪問者が持つ感覚や視点が重要なのです。

一方、ボディコピーは、ヘッドコピーを読んで興味を持った訪問者が詳細を知りたいというレベルで内容をじっくり読む部分です。

つまり、ボディコピーを書く際には、最初に引き出した興味を前提に内容を構成する必要があります。

つまり、ヘッドコピーとボディコピーは連動していて、ヘッドコピーで引き出した興味がボディコピーにつながるようになっています。

訪問者の意識段階を理解し、その意識に沿ったコピーを書くことが成功のポイントとなります。

具体的には、ヘッドコピーではまだ「読む」という段階には至っていない訪問者に対しては、魅力的な要素を提示し興味を引き出すことが重要です。

一方、ボディコピーでは少なくとも「読む」という最低限の意識段階に至っている訪問者に対して、興味を掘り下げる具体的な情報を提供することが必要です。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP