【一般的なコピーライティング】と【ネットビジネス】の違いを理解する

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【一般的なコピーライティング】と【ネットビジネス】の違いを理解する

広告コピーとネットビジネスにおけるコピーの大きな違い

一般的な広告コピーとネットビジネスにおけるコピーは、様々な違いがありますが、最も大きな違いは、読み手がそのコピーを見る際の意識や心情です。

通常の広告コピーは、駅や電車内に掲示されたポスターやテレビCM、新聞や雑誌に掲載された企業や商品の広告などが挙げられます。

これらの広告を目にする人々は、一般的にフラットで自然な視点から広告を受け入れる傾向があります。

先入観やマイナスの印象を持って広告を見る人は少ないでしょう。

一方、ネットビジネス業界における広告やコピーは、少し異なる傾向が見られます。

例えば、ビジネス情報や教材のセールスレターを発信するブログやメルマガなどで見かける広告は、大抵の場合、大きな不信感や疑いを持って受け止める人が多いと考えられます。

このような広告を見る読者は、慎重な目で内容を見る傾向があります。

つまり、一般的な広告コピーとネットビジネスにおけるコピーとでは、読み手がコピーを目にする時の意識や心情が根本的に異なると言えるでしょう。

これにより、一般的な広告コピーはフラットな視点から、ネットビジネスにおけるコピーは疑念を持ちつつ広告を消化していくという違いが生まれています。

 

ネットビジネスにおける広告コピーの特徴と重要性について

ネットビジネスにおける広告コピーは、一般的な広告とは異なるアプローチが求められます。

一般的な広告と異なる点は、ネットビジネスでは読者が最初から疑い深い姿勢や不信感を持っていることが前提とされているためです。

そのため、広告コピーは「マイナス地点」から読者の興味を引くことが重要とされています。

一般的な広告では、反応を取るためには商品やサービスの利点やメリットを強調することが重要だとされています。

多くのライティング関連の書籍や情報商材もこの考え方を支持しています。

ベネフィットとは、読者が商品やサービスを利用することで得られる未来のイメージや利益を指し、ネットビジネスでもこの点が重視されています。

ただし、ネットビジネスでは、単純にベネフィットを強調するだけでは効果が薄い場合があります。

一般的な広告と比べて、ネットビジネスのコピーにはより強い疑念や不信感を持つ読者が多いため、ただ単にベネフィットを主張するだけでは十分な反応を引き出せないことがあります。

一般的な広告では、ベネフィットを強調することで効果的な反応を得ることができますが、ネットビジネスでは読者の強い疑念や不信感を考慮して、ベネフィットだけでなくコピーの表現方法にも注意が必要です。

ベネフィットをただ押し付けるだけでは、胡散臭い印象を与えてしまい、信頼を得ることが難しいかもしれません。

読者の立場に立ち、より説得力のある表現を心掛けることが重要です。

 

コピーが反応を得るためのポイント

もし、そのようなコピーに反応する人がいるとしたら、それは情報に疎い人や簡単に信じ込んでしまう「情弱層」と呼ばれる人々に限られます。

以前は情報商材業界でも、「月収〇百万」「不労所得」といった、魅力的なメリットを押し出すコピーに反応して、多くの人が無駄なお金を使っていたかもしれません。

しかし、今後はこうした低レベルな顧客層はますます減少していくでしょう。

言い換えれば、ただ単に根拠のないメリットを押し付ける簡単なコピーでは、反応を引き出すことが難しくなるということです。

ネットビジネスにおける広告やコピーで、強調すべきポイントとは何でしょうか。

一言で言うと、「そのメリットを実現する具体的なイメージや根拠を示すコピー」です。

これは、読み手の不信感や疑念を前提とする、ネットビジネスにおける重要なポイントの一つと考えられます。

要するに、メリットの現実性や信憑性を示し、そこに続く具体性や根拠を強調することが肝要なのです。

おそらく、本日の講座は受講者のレベルによっては、何百万円、何千万円といった売上に直結する、極めて重要な気づきとなるでしょう。

むしろ、その「答え」を形成しているのかもしれません。

一般的なコピーライティングの教材では、メリットが重要だと説かれていますが、それは信頼されることを前提とした理論にすぎません。

 

時代の変化に適応するためのコピーライティングスキルの重要性

昔はインターネットビジネスに対する期待が高く、単純なベネフィットを強調するだけで反応を得られたかもしれませんが、現在ではそうした風潮は消えかかっています。

昔は成功していたはずが、最近では売上が下がってしまったと悩んでいるコピーライターやマーケッターも多いでしょう。

その敗因は、ターゲット層を見誤っていることにあるのです。

将来も簡単に何百万も稼げる、手間のかからない収入が得られるといった安易なベネフィットだけを強調するような偽物のコピーライターやマーケッターは、今後ますます淘汰されていくでしょう。

だからこそ、あなたは彼らが使うような浅薄なコピーライティングではなく、人間の心理に訴えかける真のコピーライティングスキルをしっかりと学び、身につけるべきなのです。

私自身も、このブログやメルマガ、そして教材を通じてそうした本質を示していくつもりです。

次回もお楽しみに。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP