【ウェブコピーの書き方】文章作成における2つの原則

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【ウェブコピーの書き方】文章作成における2つの原則

コピーライティングにおいて押さえるべき「本題と話の繋がり」の原則

このブログでは主に「コピーライティング」に焦点を当てています。

コピーライティングとは、広告を担う文章を書くスキルのことであり、その中心になるのが「コピー」です。

このコピーは、営利を目的とする文章を指します。

ウェブコピーなどの営利目的の文章を書く際には、いくつかの重要な原則を押さえる必要があります。

今回は、その中でも特に重要な「本題との繋がり」と「話の繋がり」に焦点を当てて解説していきます。

コピーライティングにおいて、文を構成する際に常に意識すべき重要な原則は、以下の2点です。

まず一つ目は、文章を構成する際に常に「本題との繋がり」を意識することです。

そしてもう一つは、同じく常に「話の繋がり」を念頭に置くことです。

これらのポイントは、営利目的の文章やウェブコピーにおいて非常に重要であり、多くのライターやアフィリエイターがこれらを見落としている傾向があります。

実際に、僕がクライアントの記事を添削する際にも、常にこの原則に基づいて適切な添削を行うことが多いです。

しかし、多くの人がこの重要な原則を把握していないため、文章全体が「本題との繋がりが希薄な文章」や「話が破綻している文章」になってしまうことがあります。

これらの文章やウェブコピーは、読み手の興味を引くことができず、効果的なコミュニケーションができないため、適切なアクションを促すことも難しくなります。

 

営利目的の文章における読者の「利」の重要性

基本的に、営利目的の文章やウェブコピーは、読者の立場や利益を考慮して作成されます。

これは、集客のための検索エンジン対策やブランディング、セールスのための商品アピールなど、どの目的においても共通しています。

実際に文章を読み進めてもらうためには、読者にとって意義のある情報や利益が明確に示されている必要があります。

そうでない場合は、文章が読まれず、関心を持たれない傾向があります。

そのため、営利目的の文章やウェブコピーを作成する際には、まず冒頭で提供する情報や利益が明確に示されるべきです。

これにより、読者がその文章に興味を持ち、読み進める意欲が湧くのです。

一般的に「興味の壁」と呼ばれる現象があり、これを乗り越えるためには、読者の利益が明確に提示される必要があります。

読者は、自身の利益や関心に結び付かない文章やウェブコピーにはほとんど関心を持ちません。

ですが、自身にとって何らかの利益がある、好奇心や興味をくすぐられる情報が提供される場合には、それらの文章を読み進めることができます。

そのため、文章の冒頭部分で読者の利益や答えが示されることが重要です。

そうすることで、読者はその利益や答えを求める意識を持ち、その関連する情報に率直に興味を示すことができるのです。

 

営利を目的とする文章における効果的な構成

逆に言えば、読者が求めていない情報や話題が文章中に入ってくると、興味を持たなくなります。

読者は自分が欲している情報を求めているのに、それ以外の余計な情報を提示されるのはつまらないと感じるでしょう。

特に、営利を目的とする文章やウェブコピーでは、読者の関心を引きつける必要があります。

そのためには、常に読者が得る利益や価値を明確に示し、その繋がりを読者に理解させることが不可欠です。

文章を効果的に構成するためには、次の2つの点を意識する必要があります。

まず、常に本題との関連性を意識して文章を組み立てること。

そして、話題同士の繋がりを意識して文章を構築することです。

読者の利益や関心事に焦点を合わせることが重要です。

営利を目的とする文章、特にウェブコピーでは、冒頭で文章の趣旨を明確に示し、読者に提供される情報や利益が何かを伝える必要があります。

読者がその趣旨を理解することで、興味を持ち、文章を読み進める動機付けが生まれます。

その後も、各文章が前提となる趣旨に結びつくように構成され、読者が関連性を認識できるようにする必要があります。

本題を常に意識し、各文章をそれに結びつけることで、読者が求める情報や利益に繋がる文章を作ることが大切です。

このようにすることで、読者を飽きさせることなく、効果的な文章を作成することが可能となります。

 

文章の流れと繋がりを大切にしましょう

文章を書く際には、常に話のつながりを意識することが非常に重要です。

文章が途切れていたり、一見関連のない部分が飛び跳ねているような印象を与えてしまうと、読者の興味も薄れてしまいます。

そのたびに文章の反応が下がってしまう場合もあります。

常に前後の文が繋がりを持ち、読者がその流れを追えるようにすることが必要です。

話のつながりや関連性を明確に示す文章を構築することが求められます。

時にこれは当たり前のことのように感じられるかもしれませんが、多くの文章やウェブコピーがこの点を見逃しています。

書き手としては、自分の書いている内容には繋がりや関連性があると感じていても、読者にはそれが伝わらないことがあります。

例えば、「ネットビジネスでは、コピーライティングが非常に重要だと思っています。

インターネットでモノを売っていく上で、コピーライティングのスキルは必要不可欠だと思います。」

という文章があります。

この文章では、2つの主張が並列的に提示されているだけであり、それらの間にしっかりとした繋がりが感じられません。

このような文章では、読者が主張と主張の間にある関連性を理解するのが難しいでしょう。

それに対して、話の繋がりや関連性を強調した文章を書くことで、読者が内容をより深く理解しやすくなります。

例えば「私はネットビジネスでは、コピーライティングが非常に重要だと思っています。

何故なら、インターネットでモノを売っていく上で、コピーライティングのスキルは必要不可欠だと思うからです。」

というように、主張とその理由を明確に結びつけることで、話の繋がりを読者に示すことができます。

 

文章の連関性を高めるための改善例

インターネット上で商品を販売する際に、コピーライティングのスキルは非常に重要だと思います。

なぜなら、ネット上で商品を売るには、魅力的な文章を作成することが不可欠だからです。

このように、「なぜなら」という接続詞を使うことで、1つ目の主張に対して2つ目の主張が根拠を示す形になります。

これにより、文章のつながりや関連性が明確になり、読者がより理解しやすい文章になります。

実際に文章やウェブコンテンツを構成する際には、1つ1つの文が連関性を持ち、読者が理解しやすい文章にすることが重要です。

このような文章は、読者の反応を高めることができるのです。

 

文章の要点を明確に示す重要性

なぜなら、文章を構成する際に「何故なら」という接続詞から始まる理由を前提とすることで、主張に続く根拠がはっきりと示されるからです。

これにより、各文章のつながりや関連性がより明確になり、読み手が内容を理解しやすくなります。

文章やウェブコンテンツを作成する際には、読み手が文章間のつながりをしっかり認識できるようにすることが重要であり、そのような文章こそが反応を高めるポイントとなるのです。

営利を目的とする文章の反応を高める上で重要な2つの原則があります。

それは、読み手が常に本題とのつながりを認識できる文章を書くこと、そして、読み手が常に話のつながりを認識できる文章を書くことです。

これらの原則を押さえることが必要であり、本題とのつながりが不明確な文章や、話のつながりが見えない文章は反応を損ねる結果となります。

しかし、このような原則を守った文章を書くことは、簡単にできてしまうと思われがちです。

実際には、読み手がつながりを認識できる文章になっているかどうかは、書き手が意識していても読み手には伝わりづらいことがあります。

したがって、本題とのつながりや文章のつながりを明確に読み手に示すことが必要であり、それによって高い反応が得られる文章やウェブコンテンツを作成することができるのです。

 

文章を効果的にするためのポイントについて

文章を書く際には、当たり前のポイントにも注意が必要です。

読者が理解しやすく興味を引く文章を作ることが重要です。

特に営利を目指す文章やウェブコピーを書く際には、多くのライターやアフィリエイターが注意を怠っていることもあります。

しかし、これらのポイントを押さえるだけで、文章の反応が大きく変わることがあります。

この原則を意識して文章を構築することで、より効果的なコンテンツを生み出すことができます。

 

文章の繋がりを意識した営利目的の文章の書き方

上記の内容を踏まえると、営利目的の文章やウェブコピーを作成する際に重要なのは、

・読者が常に本題との関連性を理解できるような文章にすること

・同様に読者が常に話の繋がりを認識できる文章にすること

この2つの原則を心掛けることが必要です。

「本題とのつながりを理解しにくい文章」 「話が繋がっていないように感じる文章」 このような文章やウェブコピーは、当然ながら反応を低下させてしまいます。

ただ、これらの原則を守った文章を書いているつもりでいても、 実際には読者がその繋がりを理解できないことがあります。

その場合、この原則を守ったとは言えません。

本題との関連性や文章の繋がり、一貫性を読者が認識できるように構成することが必要であり、 読者が明確に理解できる文章を作成することで、 反応の高い文章やウェブコピーになることができるのです。

これらは当たり前のことのように感じるかもしれませんが、 きちんと読者に繋がりを認識させる文章を意識し、 1つ1つの文章を慎重に構成していくことが重要です。

営利を目的とする文章やウェブコピーを作成する際には、 意外と多くのライターやアフィリエイターがこれらの原則を守っていないことがあります。

ですから、これらをしっかりと押さえるだけでも、反応が変わることを期待できます。

是非、これらを参考にしていただければと思います。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP