当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【写経】がコピーライティングのスキルアップに効果的な理由とは?

写経をすることの有効性と注意点

写経とは、既存の文書や文章を書き写すことを指します。

コピーライティングの学習法の一つとして、写経を繰り返すことが重要であると言われています。

多くの書籍や教材でもこのアプローチが取られており、実際に多くの人々が積極的に取り組んでいます。

しかし、写経が必ずしも効果的であるかどうかについては、見解が分かれています。

単純にコピーを書き写すだけでは、効果が限定的であるという意見もあります。

自分が十分理解できるレベルのコピーを写経しても、あまり意味がないという主張もあります。

確かに、反応が得られている優れたコピーを対象にすれば、それによる学びや効果は期待できるでしょう。

逆に、一般的なコピーを写すだけでは、無駄な作業に終わってしまう可能性もあるのです。

特に、情報商材やセールスレターのコピーは、その大部分が写経による学習に適していないとされています。

爆発的な売上を達成している商品であっても、それがコピーによるものかどうかは疑問が残ります。

売れ行きの良い商品=良いコピーという単純な関係性は必ずしも正しいわけではないのです。

したがって、写経に取り組む際には、対象となるコピーの質やレベルを慎重に選ぶことが重要です。

 

動画マーケティングにおけるコピーの重要性

特に現在、動画による教育リソースが増えており、コピー(文章表現)だけでなく別の手法で顧客を教育することが一般的となっています。

ですので、売れ筋のセールスレターや文章が必ずしも反応を得られるコピーで構成されているわけではありません。

もし既に動画マーケティングの段階で顧客の購入意欲を刺激できているのであれば、つまり下手なコピーであってもその情報は売れていくことになります。

もし総合的なマーケティング戦略を学びたいのであれば、このような一連の流れを客観的に理解することが重要です。

ただ、純粋に反応を得るコピーを書く力を養成したい場合は、セールスレターなどの末端的なマーケティング手法だけにとらわれ、それを単純に模倣することはあまり意味がありません。

現在、売れ筋とされている情報の多くは、戦略的な要素によって売り上げが急増しているケースが多いです。

ですので、単純にコピーだけを模倣してもそこに含まれている戦略性やその成功要因を理解することは難しいでしょう。

また、セールスレターには動画が組み込まれていたり、販売者の個人的な生活や実績を示す画像が含まれているケースも珍しくありません。

そのため、これらの要素がセールスレターの大部分を占めている場合には、純粋なコピー力だけで反応を得ているわけではないのです。

従って、それらのコピーを模倣するだけでは意味がないのが明らかです。

それにもかかわらず、売上ランキングなどを見ると、こうした傾向の情報が上位に来ることが多いため、多くの人がそのようなコピーを無批判に模倣してしまっています。

その結果、ライティング力が向上しづらくなってしまうのですね。

 

セールスレターのコピー重視かどうか、そして購入率を見る重要性

もしもセールスレターを評価する際、その内容がコピー(文章)重視か、それ以外の要素や資料、動画などを重視しているかを見極めたいと思ったら、特定の視点が役立ちます。

また、その反応がコピーの力によるものなのか、他の観点や見えないマーケティング戦略によるものなのかも気になるでしょう。

その際の1つの指標として、ASP(アフィリエイト・プログラム)側で公開されている「購入率」をチェックする方法があります。

購入率から判断するために、インフォトップなどでアフィリエイトを行っている人は商品検索画面から各商品の購入率(成約率)を確認できます。

通常、インフォトップでは1週間、1カ月、3カ月といった統計データで購入率を計測し、高い順に並べ替えることが可能です。

ただし、統計データは正確性に欠けることがあるため、基本的には3カ月の期間を参考にすることが推奨されます。

より長い期間を見るほど、購入率の正確な情報を得られます。

この業界では、反応の良いとされるコピーの購入率は1%から2%程度だと言われています。

 

アクセスに対する購入率とは?

おそらく、この購入率は、訪問者に対する購入者の割合を表していると思われます。

たとえば、自分のブログやメルマガなどからの訪問者だけを対象にし、他のアフィリエイターなどの影響を受けていない場合、当然ながらこの数字は高くなるでしょう。

 

コピーの力を活かしたセールスレターの重要性

僕は写経を特にお勧めしていません。

なぜなら、写経する価値のあるコピーが乏しいからです。

一方で、有名コピーライターやそのクライアントが作成したセールスレターには4%や5%の成約率を持つものが多く存在します。

このようなコピーを見つけ、学ぶことをお勧めします。

とは言っても、成約率というのはどれだけその商品を見て買いたいと思ったかです。

日々、文章を見た時に自分の感情が動いたフレーズをメモしておくといいでしょう。

 

ライティングスキルと成功の関係

一定のライティングスキルを習得すると、それだけで今までのような方法ではじぶんの収入を増やすことが可能になります。

このため、成功している人々はあまり目立たないことがあります。

成功者は表に出ない傾向があり、その理由の一端はライティングスキルに関係していると言えるでしょう。

僕が提唱する師匠のライティングスキルは、希少価値が高く、真剣に学ぶ価値があります。

この文章を通じて、写経の有益性や結論についてお分かりいただけるでしょう。

写経についてのまとめとして、次の点を挙げます。

写経は、コピーライティングの基本原則に従って行われるべきであり、本当に反応が得られるものに焦点を当てるべきです。

マーケティング力や資料、動画などは売れ筋であっても、写経の対象には適していません。

また、適切なアクセス数がある場合、長期的な購入率を反応の指標とすることができます。

もし「とにかく売れている商品のコピーを写経するべきだ!」という言葉に惑わされているのであれば、方針転換を検討してみてください。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP