【読まれる記事】を書くためのコピーライティング術

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【読まれる記事】を書くためのコピーライティング術

文章を読まれるためのコツ

これまでの講座では、小説や文学作品の冒頭に焦点を当て、読者を引き込むテクニックについてお話ししました。

【冒頭文の原則】ウェブライティングにおける書き出しの重要性

https://soshikika.com/writing/the-importance-of-starting-well-in-web-writing/

しかし、今回の講座では、冒頭部分だけでなく、読者が最後まで興味を持ち続ける方法について触れていきたいと思います。

文章や記事を読者に引き込むためのポイントを探りましょう。

実際の文章や記事には冒頭以外にも、読者が最後まで興味を持ち続けるための重要なポイントが存在します。

文章を読ませることは容易なことではありません。

例えば、広告や宣伝文においても、まず読んでもらわなければ何も伝わりません。

そのためには、文章を読ませることを意識して構築する必要があります。

コピーを書く際には、読者が最初に直面する「興味の壁」を乗り越えることが鍵となります。

消費者の心理によると、読者が最初に立ちはだかる「興味の壁」を超えるだけでは不十分です。

コピーのタイトルや冒頭部分で一時的な興味を引いても、最後まで読者の関心を維持することは困難です。

 

文章を引き込むための工夫

普段、インターネット上で見かけるブログやメルマガの記事を読んでいると、途中で読むのをやめてしまうことがありますね。

たとえその記事のタイトルや冒頭部分で「興味」を引かれたとしても、ほとんどの場合、その興味はただ「この文章を読んでみようかな」という程度のものに過ぎません。

その興味がいつの間にか薄れたり、退屈を感じてしまったら、当然ながら、文章はスルーされてしまったり、最悪の場合は全く読まれなくなってしまいます。

ですから、読者を引き込むためには、適切な興味を持続させるか、連続して新たな興味を引き出し続ける必要があります。

文章を読ませ続けるためには、興味の壁を乗り越え続けなければなりません。

つまり、一度興味を引き出しただけで満足するのではなく、その興味を一貫して維持し続ける必要があるのです。

タイトルや冒頭部分で、読者に「この文章の一語一句、見逃したくない!」というほどの興味を引き出せれば、話は別ですが、そこまでの興味を引き出すのは容易ではありません。

ですから、文章を書く際には、読者の興味や好奇心を刺激し続けることを意識し、その興味に繋がるエピソードを続けていく必要があります。

小説などでは、読者が常に面白さを感じるようにストーリーを構築し、退屈さを感じさせないよう配慮することが重要です。

広告やブログ、メルマガなどの文章では、小説的な面白さを求められることはあまりありませんが、引き込まれる要素や読者の関心に合致する内容を提供することが肝要となります。

 

文章の魅力を高めるために大切なポイント

通常、人々が文章や広告、ブログ記事などに求めるものは、その内容が自分にとって役立つかどうかを判断する情報や、自分にとって得るものがあるかどうか、自らが欲している情報などです。

このような情報に魅力を感じ、興味を引かれるものです。

そのため、文章全体が上記のポイントに繋がる必要があります。

例えば、読者が興味を持つことにフォーカスした文章を作成する場合、読者自身がその興味を明確に認識できるように、文章全体がしっかりとその興味に結びつく内容で満たされている必要があります。

読者が自ら以下の点を認識し、意識できなければ、その文章は読者にとっては単なる興味を引かない、退屈なものになってしまいます。

・それが自分に役立つかどうかを判断する基準となる情報であること

・自分にとって得るもの(役に立つ情報)であること

・自分が欲している情報であること

したがって、「読者が自ら認識できる文章になっていること」が、読まれる文章やコピーを作成する上での鉄則であり、単にターゲットが求めている内容を順番通りに述べるだけでは駄目なのです。

読者が求めている内容であること、そしてその内容に密接に関連する話であることを、常に意識させることが重要であり、これによって文章や記事は読まれるものに育まれていくのです。

逆に、そうした認識を読者に与えられない文章を構築してしまうと、その文章や記事は読まれないものになってしまいます。

そのため、文章を執筆する際には、主張や一文一文全てが、ターゲットが求めている内容であり、それに関連する内容であることを読者が認識できるように作り上げていく必要があるのです。

 

文章を構成する際の重要なポイントについて

文章を書く際に、話の流れを考えることは大切ですが、もし話を切り替えたり、関係性が分かりにくい内容を書く場合は、その前に「前置き」を入れることが重要です。

これによって、読者にとってその話の意図が明確になり、読みやすくなります。

具体的には、文章を構成する際には、全ての主張が読者の興味に結び付くように配慮することが必要です。

読者は、読み進めながら「なぜこの話をしているのか」「この話から何か得られるのか」という疑問を持ちます。

そのため、読者の興味を無視せず、内容を展開していくことが重要です。

一方で、読者が求めている情報に結びつかない話は避けるべきです。

読者が興味を持ち、得られる情報や知りたい情報に焦点を当てた構成が、読まれる文章を作る秘訣です。

 

コピーライティングにおける重要な原則を実践するためのアプローチ

商品やサービスを宣伝する際には、相手が興味を持ち続ける話を展開するよう心がけることが重要です。

そのためには、全ての話が最終的にそのターゲットと結びつくように構成することがポイントです。

ただ、この2つのポイントをただ表面的に捉えるだけでは効果的なコピーライティングはできません。

それゆえ、今回の講座では、「全て」を徹底的に理解し、自分の中にしっかり叩き込むことを強調しました。

文章を構成する際には、この考えを常に意識して取り組むようにしてください。

今回の講座の目的は、コピーライティングにおける極めて重要な原則を学んでもらうことであり、その重要性を伝えるために力を注いでお話しました。

是非、この重要なポイントを実践していただき、成果を出していただけることを願っています。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP