【指示代名詞】を使った文章の書き方とポイント

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。

【指示代名詞】を使った文章の書き方とポイント

指示代名詞の使い方と注意点

指示代名詞は、文中で特定の対象を指し示す品詞のひとつです。

具体的な名前(名詞)を使わずにそれを示す役割を果たします。

代表的な指示代名詞には、「この」「その」「あの」「どの」や「これ」「それ」「あれ」「どれ」などがあります。

指示代名詞は、普段から頻繁に使われており、文章作成においてもよく登場します。

指示代名詞を使用する際には、次の2つの視点をしっかり押さえる必要があります。

一つ目は「領域の視点」で、どの範囲や領域にあるものを指し示すのかを明確にすることです。

もう一つは「対象の視点」で、指示代名詞が指し示す対象が何なのかを明確にすることが重要です。

これらの視点が抜け落ちていると、文章が理解しにくくなり、時には不自然な文章になってしまうこともあります。

インターネット上などで見かける文章にも、指示代名詞の使用が不適切な例が意外と多いのが現実です。

この講座では、具体的な例文を挙げながら、指示代名詞の使い方や注意点について解説していきます。

 

指示代名詞の使い分けについて

指示代名詞は、文章中で特定の対象を指し示す際に使われますが、その対象がどのような「領域」にあるかによって、使い分けが求められます。

具体的には、以下の4つの領域に分類されます。

・書き手側の領域:「この」「これ」

・読み手側の領域:「その」「それ」

・どちらでもない領域:「あの」「あれ」

・特定できない領域:「どの」「どれ」

例えば、文章中で書き手(自分)の容姿について触れる場合は、「書き手側の領域」に該当するため、「この容姿」というように、当該領域に合致する指示代名詞を用いる必要があります。

反寇、読み手(相手)の容姿を言及する際には、「読み手側の領域」に基づき、「あなたの容姿」といった表現が適切となります。

領域を持たない対象を扱う場合には、「どのような容姿が理想ですか?」のように、「不特定な領域」に該当する指示代名詞を用いることになります。

指示代名詞の選択は、その対象がどの領域に属するかに応じて柔軟に使い分けることが重要ですので、適切な指示代名詞を選ぶよう心がけましょう。

 

指示代名詞の使い方について

指示代名詞を使う際は、与えられた文脈や状況を十分に考慮し、その中で最適な代名詞を用いる必要があります。

たとえば、先ほどの文章で挙げた例を見てみましょう。

文章の中で「書き手側の領域にあるもの」を指し示す場合、「この」や「これ」といった代名詞を使用します。

例えば、「私のこの容姿は、決して自慢できるものではありません」という表現がそうです。

しかしながら、このような容姿が本人にとってどうであろうとも、それが個々の外見である以上、受け入れるしかないのです。

この事実を前提とした例文を見てみましょう。

「私のこの容姿は、決して自慢できるものではありません」といった表現であっても、「それが私の顔なのですから、仕方が無いのです」と言い換えても、文脈に違和感が生じることはありません。

この場合、読み手に対して書き手の領域である「容姿」を指し示す「それ」を使っても問題ありません。

これは、書き手が自身の領域にある情報を読み手に伝える際、読み手にもその情報が共有される前提があるからです。

このように、指示代名詞の使い方においては、書き手側の視点と読み手側の視点が情報の共有を前提としていることが重要です。

指示代名詞の中で、特定の領域に属さない「あの」や「あれ」を除いた三つの領域を考えてみましょう。

それぞれ「この」「これ」(書き手側の領域)、そして「その」「それ」(読み手側の領域)に該当します。

これらの代名詞を使用する際には、読み手が指し示された対象を正しく理解できるようにすることが重要です。

 

指示代名詞の使い方に注意しましょう

指示代名詞が何を指しているのか、その対象が「どれ」なのかがはっきりしないと、文章の意味が取り違えられてしまうことがあります。

したがって、先ほど挙げた3つの指示代名詞を使う際には、「その指示代名詞の対象が前の文章に明確に示されている場合にのみ使用する」というルールを守ることが重要です。

たとえば、「この、これ」は書き手側の領域を、「その、それ」は読み手側の領域を指し、「あの、あれ」はどちらでもない領域を指します。

この3つの領域を基準に、指示代名詞を使う際は、前の文章にその対象が示されている必要があります。

以下に、指示代名詞の対象が分かりにくく不適切な文章と、それを改善した文章を示します。

【不適切な例文】

私の容姿は自分で言うのも何ですが、本当にひどいです。

故に、私は劣等感を感じる事の多い人生を歩んできました。

しかし私は、ある一点で揺るぎない自信を持っています。

これをどんなに馬鹿にされても、私はその自信を失いませんでした。

【改善した例文】

私の容姿は自分で言うのも何ですが、本当にひどいです。

故に、私は劣等感を感じる事の多い人生を歩んできました。

しかし私は、ある一点で揺るぎない自信を持っています。

容姿をどんなに馬鹿にされても、私はその自信を失いませんでした。

上記の2つの文章は、指示代名詞の「これ」を具体的な対象である「容姿」に置き換えただけですが、前者の不遇な例文では、「これ」が自分のひどい容姿や揺るぎない自信のどちらを指しているのかが曖昧であり、根本的に意味が分かりにくくなっています。

 

指示代名詞の使用法と注意点について詳しく解説します

指示代名詞は、「これ」や「それ」などのように特定の物を指し示すために使われる代名詞のことです。

指示代名詞を使う際には、その直前の文脈で何を指しているのかが明確に示されている必要があります。

一つ前の文にその指示対象が一切示されていない場合は、代名詞を使わずに、具体的な名詞や表現を用いるべきです。

例えば、「しかし私は、ある一点で揺るぎない自信を持っています。」

のような文では、「これ」という指示代名詞を使うと、何を指しているのかが不明確です。

そのため、「容姿」と具体的な名詞を使うことで、読者が何を指しているのかが明確になります。

指示代名詞をうまく使うためには、文章全体の論理展開や読者の理解を考慮して、指示対象が明確になるよう配慮することが重要です。

指示代名詞は日常会話でもよく使われるため、意識せずに使ってしまうこともありますが、文章を書く際には特に注意が必要です。

自分の文章を振り返り、指示代名詞を使う際には指示対象を明確に示すように心がけましょう。

 

指示代名詞の重要性について詳しく解説します

指示代名詞は、普段の会話でも当たり前に使用されている言葉です。

しかし、文章において使用する際には、注意が必要なポイントが存在します。

そのため、見落としが発生することも少なくありません。

自分の文章にも意外なミスが含まれている可能性があるため、指示代名詞を使う際には、注意深く確認することが重要です。

以上が、指示代名詞についての詳細な解説でした。

 


こんにちは、運営者のなおとです。
ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。
 
で、結局のところお前誰なん?って声が聞こえましたので、
簡単な自己紹介をいたします。
 
1児の父で、島根県育ちの元飲食店社員。
「AI×WRITING」を最大限利用して
高品質の記事を量産することに成功して
組織化の真髄に触れました。
 
大抵のことに挫折して、
面倒くさがりのポンコツ人間です。
1つの成功の何百倍も失敗しています。
 
失敗が多いからこそ、
初心者ライターでも記事の
質を維持・量産する仕組みを作ることができました。
 
正直、行動したら誰でもできると思います。
 
僕がどうやって組織化を加速させているのか
下記の記事で公開しています。
 
組織化の物語を暇つぶしがてら読んでみる 

\ この記事はいかがでしたか? /

PAGE TOP